第60回サンケイスポーツ杯阪神牝馬ステークス(GⅡ)攻略データ(1)

NO IMAGE

阪神牝馬ステークス(GⅡ)は前走1600万下戦出走馬が(5-1-1-28)と活躍しており、前走の着順でみてみると1着馬が(8-1-2-27)と軸には最適です。また血統別にみてみるとサンデーサイレンス系が(8-7-6-63)と相性が良いレースです。阪神牝馬ステークス(GⅡ)は『前走1600万下戦』、『前走1着馬』、『サンデーサイレンス系』が好走馬を探す3つのキーワードですね。それでは過去のデータから消し馬を探していきましょう。

DsxYyt5ezrrdAAx1465277187_1465277466

①前走OP特別戦に出走し、6着以下だった馬は(0-0-0-22)です。
【該当馬】
ダンツキャンサー

②前走1600万下戦に出走し、4着以下だった馬は(0-0-0-8)です。
【該当馬】
ウエスタンレベッカ

③前走6番人気以下だった馬は(2-0-5-73)ですが、このうち前走非重賞戦敗退馬は(0-0-0-27)です。
【該当馬】
ウエスタンレベッカダンツキャンサー

④前走6番人気以下だった馬は(2-0-5-73)ですが、このうち前走牝馬限定戦で0.7秒以上の差をつけられて敗退した馬は(0-0-0-18)です。
【該当馬】
エテルナミノルデンコウアンジュメイショウマンボ

⑤前走G2以下戦に出走し、10番人気以下だった馬は(0-0-0-35)です。
【該当馬】
ウエスタンレベッカタッチングスピーチダンツキャンサーヒルノマテーラメイショウマンボ

⑥近2走とも6番人気以下だった馬は(1-0-1-48)ですが、このうち距離短縮馬は(0-0-0-24)です。
【該当馬】
デニムアンドルビーデンコウアンジュメイショウマンボ

本日の消し馬データをクリアした馬は8頭(全16頭)です。さらに冒頭でのべた3つのキーワードも考慮するとアドマイヤリード、ジュールポレールの2頭が面白そうです。ともに1600万下戦を勝ち上がってきた上がり馬なので勢いで上位に絡んでくる可能性は高いかもしれません。あと、実績No.1のミッキークイーンはこのメンバーなら圧勝してもおかしくないですし、昨年のエリザベス女王杯優勝馬のクイーンズリングも上位には絡んでくると思います。とらえず本日時点での本命候補は【馬の名前は人気ブログランキングで確認】としておきます。

ブログランキングにご協力お願い致します。