第66回フジテレビ賞スプリングステークス(GⅡ)攻略データ(2)

第66回フジテレビ賞スプリングステークス(GⅡ)攻略データ(2)

スプリングステークス(GⅡ)は1~5番人気が(9-7-6-28)と上位人気馬の信頼度は高いです。前走のレースでみてみると共同通信杯が(2-3-1-13)、きさらぎ賞が(2-1-0-6)、朝日杯FSが(1-1-3-4)と好走しており、前走の着順でみてみると1着馬が(5-6-5-47)、2着馬が(1-1-5-12)、3着馬が(4-0-0-3)と引き続き好走するケースが多いです。スプリングステークス(GⅡ)は『1~5番人気』、『前走共同通信杯、きさらぎ賞、朝日杯FS』、『前走1~3着』が好走馬を探す3つのキーワードですね。それでは過去のデータから消し馬を探していきましょう。

①前走未勝利戦出走馬は(0-0-0-8)です。
【該当馬】
サウンドテーブルダノンケンリュウ

②前走ダート戦出走馬は(0-0-0-18)です。
【該当馬】
ダノンケンリュウ

③前走4着以下だった馬は(0-3-0-52)ですが、このうちキャリア5戦以上の馬は(0-0-0-33)です。
【該当馬】
プラチナヴォイス

④中9週以上の馬は(2-2-5-22)ですが、このうち前走条件戦出走馬は(0-0-0-4)です。
【該当馬】
アウトライアーズ

⑤前2走とも6番人気以下だった馬は(0-0-0-20)です。
【該当馬】
エトルディーニュサウンドテーブル

Advertisement

本日の消し馬データをクリアした6頭(全11頭)です。この6頭のうち5頭が攻略データ(1)もクリアしており、さらに冒頭でのべた3つのキーワードも考慮すると朝日杯FSの1、2着馬のサトノアレス、モンドキャンノの2頭が面白そうです。攻略データ(1)で推していたエトルディーニュはここで脱落となりましたので、本命候補は【馬の名前は人気ブログランキングで確認】とします。デビューから3戦は新馬・未勝利ではありますが1800m戦に出走しており、2着、2着、1着と好走していますので距離も問題ないと思います。