第91回中山記念(GⅡ)攻略データ(1)

第91回中山記念(GⅡ)攻略データ(1)

中山記念(GⅡ)は中山競馬場・芝・右1800mで行われます。このコースは直線のスタンド前からスタートし、すぐに急坂を上ってコースを1周します。最初のコーナーまで約200mと短いため、極端な速いペースにはなりにくいです。そうなると前に行った馬が有利になり、4コーナーを先頭で回った馬が好走するケースが多いです。それでは過去10年で3着以内に好走した全30頭中28頭が該当するデータを元に好走しそうな馬を探していきます(競馬最強の法則を参考)。

①前年秋以降に芝1600m以上の古馬牡馬混合G1で5着以内
16年 4番人気2着アンビシャス(天皇賞秋 5着)
14年 2番人気1着ジャスタウェイ(天皇賞秋 1着)
13年 8番人気3着シルポート(マイルCS 4着)
12年 4番人気3着リアルインパクト(マイルCS 5着)
11年 1番人気1着ヴィクトワールピサ(有馬記念 1着)
09年 1番人気1着カンパニー(天皇賞秋 4着ほか)
09年 4番人気2着ドリームジャーニー(有馬記念 4着)
08年 1番人気1着カンパニー(天皇賞秋 3着)

【該当馬】
アンビシャスヌーヴォレコルトネオリアリズムリアルスティールロゴタイプ

②過去の中山記念で連対、かつ前年秋以降に芝1600m以上の重賞で3着以内
08年 1番人気3着エアシェイディ(07年中山記念 2着/AJC杯 1着)
07年 6番人気1着ローエングリン(03年中山記念 1着/毎日王冠 3着)

【該当馬】
アンビシャスヌーヴォレコルト

③過去1年以内に芝1400m~2200mのG2以上で連対
16年 1番人気1着ドゥラメンテ(皐月賞 1着)
16年 2番人気3着リアルスティール(皐月賞 2着ほか)
15年 3番人気1着ヌーヴォレコルト(エリザベス女王杯 2着ほか)
14年 3番人気3着ロゴタイプ(皐月賞 1着ほか)
13年 2番人気1着ナカヤマナイト(オールカマー 1着)
13年 3番人気2着ダイワファルコン(オールカマー 2着)
12年 7番人気2着シルポート(京王杯SC 2着)
11年 3番人気3着リーチザクラウン(読売マイラーズC 1着)
08年 7番人気2着エイシンドーバー(京王杯SC 1着)

【該当馬】
アンビシャスヴィブロスネオリアリズムリアルスティールロゴタイプ

④同年にOPクラスの芝1600m以上で連対(OP特別ならば1着)
15年 2番人気2着ロゴタイプ(中山金杯 2着)
12年 3番人気1着フェデラリスト(中山金杯 1着)
09年 2番人気3着アドマイヤフジ(中山金杯 1着)
07年 3番人気2着エアシェイディ(東京新聞杯 2着)
07年 5番人気3着ダンスインザモア(ニューイヤーS 1着)

【該当馬】
ツクバアズマオー

⑤過去1年以内にOPクラスの芝1800mで連対
15年 4番人気3着ステファノス(白百合S 1着)
14年 4番人気2着アルキメデス(朝日チャレンジC 1着)
10年 5番人気3着ショウワモダン(ディセンバーS 1着)

【該当馬】
アンビシャスリアルスティール

⑥過去に中山G1で1着
11年 4番人気2着キャプテントゥーレ(皐月賞 1着)

【該当馬】
ロゴタイプ

Advertisement

本日の3着内に好走しそうなデータをクリアした馬は7頭(全12頭)です。まず注目したいのは【馬の名前は人気ブログランキングで確認】です。昨年の天皇賞(秋)は後方からの競馬を選びましたが、末脚は発揮できず4着までとなりましたが、昨年の中山記念のような競馬ができれば今年も好走必須といっても過言ではないでしょう。

次に注目したいのはリアルスティールです。こちらも昨年の天皇賞(秋)で2着、中山記念3着と重賞戦線でも好走しています。中団追走から早めに前に取り付ければ上位入賞の確立は非常に高いでしょう。後は皐月賞1着の実績をもつロゴタイプも面白い存在だと思います。