第67回チャレンジカップ(GⅢ)攻略データ(1)

第67回チャレンジカップ(GⅢ)攻略データ(1)

チャレンジカップ(GⅢ)は前走10着以下が(0-0-0-20)と巻き返しの可能性は低いです。脚質でみてみると差し馬が(3-3-2-19)、追込み馬が(1-2-1-16)と好走しており、前走のクラスでみてみると条件戦出走馬が(1-2-1-5)と結果を残しています。チャレンジカップ(GⅢ)は『前走10着以下は苦戦』、『差し、追込み』、『前走条件戦』が好走馬を探す3つのキーワードですね。それでは過去のデータから消し馬を探していきましょう。
※開催時期が12月に変更になった2012年以降のデータ

①前走10着以下だった馬は(0-0-0-20)です。
【該当馬】
クランモンタナディサイファヒルノマテーラメイショウナルト

②レース間隔が中1週内の馬は(0-0-0-8)です。
【該当馬】
フルーキー

③6歳以上の馬は(0-3-2-19)ですが、このうち前走敗退の斤量57キロ以上の馬は(0-0-0-6)です。
【該当馬】
エキストラエンドディサイファヒストリカルフルーキー

④近3走とも4着以下だった6歳以上の馬は(0-0-0-13)です。
【該当馬】
ディサイファデウスウルトプランスペスカメイショウナルト

⑤前走敗退の3歳馬は(0-0-0-7)です。
【該当馬】
ブラックスピネルマイネルハニー

⑥中9週以上で前走敗退した馬は(0-0-0-9)です。10/2
【該当馬】
ケツァルテナンゴ

⑦近3走とも4着以下だった馬は(1-0-1-22)ですが、このうち前走G2以下戦出走馬は(0-0-0-18)です。
【該当馬】
デウスウルトフェイマスエンドブラックスピネルプランスペスカメイショウナルト

Advertisement

本日の消し馬データをクリアした馬は5頭(全18頭)です。さらに冒頭で述べた3つのキーワードも考慮する【馬の名前は人気ブログランキングで確認】が面白そうです。また、前走1600万下戦を勝ち上がってきた上り馬のシルクドリーマー、ダノンメジャーも人気がなければ狙ってみる価値はありそうですね。