第6回キーンランドカップ(GⅢ)攻略データ(2)

第6回キーンランドカップ(GⅢ)攻略データ(2)

キーンランドカップ(GⅢ)は前走5着以内の馬が(4-5-4-34)と好走しています。6着以下だった馬は(1-0-1-30)と巻き返しのパターンは少ないです。今年もまずは前走が好内容だった馬を中心に予想していくのが的中の近道のようですね。

またJRAの1400m以上の重賞で連対歴のあった馬は(4-3-1-20)と好走しています。ただ1200m以下の重賞にしか実績のない馬はいまいち好走していませんので、評価は下げてもよいと考えております。それでは過去のデータから消し馬を探していきましょう。

①1000・1200・1400m戦を通算で2勝以下の馬は(0-0-0-15)です。
【該当馬】
ガルボショウナンアルバ

②前走芝1200m良馬場条件で、1分09秒6以上かかっていた馬は(0-0-0-13)です。
【該当馬】
オリオンスターズショウナンアルバマヤノツルギ

③前2走とも良・やや重の馬場のG3以下戦で、6番人気以下だった6歳以上の馬は(0-0-0-11)です。
【該当馬】
サープラスシンガーシャウトラインショウナンカザンマヤノツルギ

④1200m戦に10回以上出走し、連対率3割未満の馬は(0-0-0-11)です。
【該当馬】
グランプリエンゼルコパノオーシャンズシャウトライン

Advertisement

本日の消し馬データは以上です。キーンランドカップ(GⅢ)も少な目なデータですが、消し馬データをクリアした馬は7頭(全16頭中)です。このうち攻略データ(1)もクリアしているのは、ケイアイアストン、カレンチャン、アンシェルブルー、ジョーカプチーノ、ビービーガルダンの5頭です。上位人気になりそうな馬ばかりですが、この5頭を中心に予想していきたいと思います。