第33回マイルチャンピオンシップ(GⅠ)攻略データ(1)

第33回マイルチャンピオンシップ(GⅠ)攻略データ(1)

マイルチャンピオンシップ(GⅠ)は京都競馬場・芝・右・外1600mで行われます。このコースはスタートから3コーナーまで712mと長く、横広の状態のまま先行争いになります。ですのでテンからペースは速めで、中盤で緩むことも少なく、淡々とした流れで脚をタメることが出来るかがカギとなります。最後の直線は400mほどあり、実力馬がスピードに乗って好走しやすい舞台と言われており、実力のある人気馬の信頼度は高いです。また、穴を狙うなら、スローになった時の前残りか、近走で差しが届かなかった馬などです。それでは過去10年で3着以内に好走した全30頭が該当するデータを元に好走しそうな馬を探していきます(競馬最強の法則を参考)。

①同年に古馬混合の芝1600~2000mのG1で1着
15年 4番人気1着モーリス(安田記念 1着)
11年 4番人気3着サプレザ(サンチャリオットS 1着)
09年 1番人気1着カンパニー(天皇賞秋 1着)
09年 2番人気3着サプレザ(サンチャリオットS 1着)
07年 1番人気1着ダイワメジャー(安田記念 1着)
06年 1番人気1着ダイワメジャー(天皇賞秋 1着)
06年 3番人気2着ダンスインザムード(ヴィクトリアマイル 1着)

【該当馬】
該当馬なし

②同年に古馬混合の芝1400~2000mのG2以上で2回以上3着内
15年 1番人気3着イスラボニータ(毎日王冠 3着/天皇賞(秋)3着)
12年 1番人気2着グランプリボス(スワンS 1着/安田記念 2着)
08年 1番人気2着スーパーホーネット(毎日王冠 1着/京王杯SC 1着)

【該当馬】
サトノアラジン

③同年に芝1200m以上の重賞で1着、かつ芝1200m以上のG1で0.5秒差以内
13年 2番人気1着トーセンラー(京都記念 1着/天皇賞春 2着 ※0.2秒差)
13年 1番人気3着ダノンシャーク(富士S 1着/安田記念 3着 ※0.1秒差)
12年 5番人気3着ドナウブルー(関屋記念 1着/ヴィクトリアマイル 2着 ※0.1秒差)
11年 11番人気2着フィフスペトル(京成杯AH 1着/スプリンターズS 6着 ※0.5秒)
10年 13番人気1着エーシンフォワード(阪急杯 1着/高松宮記念 3着 ※0.0秒)
08年 4番人気1着ブルーメンブラット(府中牝馬S 1着/ヴィクトリアマイル 3着 ※0.1秒)
08年 10番人気3着ファイングレイン(シルクロードS 1着/高松宮記念 1着)
07年 5番人気3着スズカフェニックス(東京新聞杯 1着/高松宮記念 1着)

【該当馬】
サトノアラジンディサイファミッキーアイル

④同年に芝1600m以上の重賞で連対、かつ過去に芝1600m以上のG1で3着以内
14年 8番人気1着ダノンシャーク(関屋記念 2着/13年マイルCS 3着ほか)
12年 4番人気1着サダムパテック(京王杯SC 1着/11年皐月賞 2着)
11年 5番人気1着エイシンアポロン(富士S 1着/09年朝日杯FS 2着)
07年 4番人気2着スーパーホーネット(スワンS 1着/05年朝日杯FS 2着)

【該当馬】
イスラボニータダノンシャークロードクエスト

⑤同年に芝1600mで3回以上好走
14年 3番人気2着フィエロ(マイラーズC 2着/六甲S 1着/新春S 1着)
10年 1番人気2着ダノンヨーヨー(富士S 1着ほか5勝)
10年 6番人気3着ゴールスキー(清水S 1着ほか3勝)
09年 14番人気2着マイネルファルケ(秋風S 1着/ダービー卿CT 2着/アクアマリンS 1着)

【該当馬】
ヤングマンパワー

⑥同年に芝1400m以上の古馬混合G2で1着
13年 3番人気2着ダイワマッジョーレ(京王杯SC 1着)

【該当馬】
サトノアラジンディサイファネオリアリズム

⑦同年に古馬混合OPクラスの京都芝1400m以上で連対
15年 2番人気2着フィエロ(スワンS 2着)
14年 9番人気3着グランデッツァ(都大路S 1着)
06年 8番人気3着シンボリグラン(スワンS 2着)

【該当馬】
ウインプリメーラサトノアラジンサトノルパンダノンシャークテイエムタイホーマジックタイム

Advertisement

本日の3着内に好走しそなデータをクリアした馬は12頭(全18頭)です。とりあえず本日のデータのみで評価すると【馬の名前は人気ブログランキングで確認】が面白そうですね。