第51回京都大賞典(GⅡ)攻略データ(1)

第51回京都大賞典(GⅡ)攻略データ(1)

京都大賞典(GⅡ)は京都競馬場・芝・右2400mで行われます。このコースは4コーナーを外に拡張したような広場からのスタートし、1コーナーまでの距離は600m近くあります。ゴール板付近まで位置取りが決まり、1コーナーに入る頃にはペースが落ち着きます。大抵はスローで流れ、極端に速い上り勝負になることが多いですが、ペースによっては差し馬でも前の馬に追いつかないこともしばしばあります。逃げ馬がどれくらいいるのかがカギになりますね。それでは過去10年で3着以内に好走した全30頭中29頭が該当するデータを元に好走しそうな馬を探していきます(競馬最強の法則を参考)。

①同年の宝塚記念で5着以内
14年 1番人気1着ラブリーデイ(宝塚記念 1着)
13年 2番人気3着トーセンラー(宝塚記念 5着)
11年 1番人気1着ローズキングダム(宝塚記念 4着)
07年 1番人気2着ポップロック(宝塚記念 3着)

【該当馬】
キタサンブラックラブリーデイ

②過去1年以内に京都芝2000m以上の重賞で1着
10年 2番人気1着メイショウベルーガ(日経新春杯 1着)
10年 1番人気2着オウケンブルースリ(09年京都大賞典 1着)
09年 3番人気1着オウケンブルースリ(菊花賞 1着)
06年 2番人気1着スイープトウショウ(エリザベス女王杯 1着)

【該当馬】
キタサンブラックラブリーデイ

③同年の天皇賞(春)で5着以内
15年 5番人気3着カレンミロティック(天皇賞春 3着)
12年 2番人気3着ギュスターヴクライ(天皇賞春 5着)

【該当馬】
キタサンブラック

④同年に芝2000m以上の重賞で連対、かつ過去に準OP以上の京都芝2200m以上で1着
14年 1番人気3着トーセンラー(京都記念 2着/13年京都記念 1着)
08年 4番人気1着トーホウアラン(朝日CC 2着/06年京都新聞杯 1着)
08年 6番人気2着アドマイヤモナーク(ダイヤモンドS 1着/08年日経新春杯 1着)
07年 2番人気1着インティライミ(朝日CC 1着/05年京都新聞杯 1着)

【該当馬】
キタサンブラック

⑤過去に芝2400m以上のG1で3着以内、かつ同年にOPクラスの芝2400m以上で1着
11年 4番人気2着ビートブラック(10年菊花賞 3着/大阪ハンブルクC 1着)
06年 7番人気2着ファストタテヤマ(02年菊花賞 2着/みなみ北海道S 1着)

【該当馬】
キタサンブラック

⑥同年6月以降にOPクラスの芝2000m以上で1着
14年 6番人気2着タマモベストプレイ(丹頂S 1着)
06年 5番人気3着トウショウナイト(札幌日経OP 1着)

【該当馬】
ヤマカツライデン

⑦同年5月以降に芝2000m以上の重賞で5着以内
14年 3番人気1着ラストインパクト(新潟記念 3着)
13年 7番人気2着アンコイルド(札幌記念 3着ほか)
12年 5番人気1着メイショウカンパク(新潟大賞典 3着)
10年 4番人気3着プロヴィナージュ(朝日CC 3着)
09年 4番人気2着スマートギア(金鯱賞 5着)
09年 7番人気3着トーセンキャプテン(札幌記念 5着)

【該当馬】
キタサンブラック

⑧前走準OPクラス以上の芝2200m以上で1着
07年 6番人気3着アルナスライン(すみれS 1着)

【該当馬】
ヤマカツライデン

⑨過去に芝3000m以上のG1で3着以内
15年 2番人気2着サウンズオブアース(14年菊花賞 2着)
12年 7番人気2着オウケンブルースリ(08年菊花賞 1着)
11年 3番人気3着オウケンブルースリ(08年菊花賞 1着)
08年 7番人気3着アイポッパー(05年天皇賞春 3着)

【該当馬】
キタサンブラックサウンズオブアース

Advertisement

本日の3着内に好走しそうなデータをクリアした馬は4頭(全10頭)です。登録馬が10頭と少ないので盛り上がりにいまいちかけますが、秋のG1戦線へのステップなので重要な1戦です。とりあえず本日のデータのみで評価するとキタサンブラックが抜けた存在といったところでしょうか。