第46回京都牝馬ステークス(GⅢ)攻略データ(2)

第46回京都牝馬ステークス(GⅢ)攻略データ(2)

今日は会社の飲み会があったので、これから(1:10)ブログの更新を・・・眠い・・・でもちゃんとやらねば(笑)。昨日(1/27)京都牝馬ステークスの出走馬16頭が発表になりましたので、対象馬を16頭に変更します。

それでは京都牝馬Sの過去10年のデータを元に消し馬を探していきます。攻略データ(1)で評価のよかったブロードストリートやヒカルアマランサス、1番人気なるだろうアプリコットフィズなどは残りますかね。

①前走が重賞で着差1秒以上で負けた馬は(0-0-0-17)です。
【消し馬】ショウリュウムーンリビアーモレディアルバローザ

②前走が条件戦で5番人気以下だった馬は(0-0-0-11)です。
【消し馬】アグネスミヌエットサングレアズール

③レース間隔が中9週以上の馬は(0-0-0-11)です。
【消し馬】アグネスミヌエットアプリコットフィズ

過去10年のデータからの消し馬は以上です。ちょっと物足りないので更に過去のデータも含め消し馬を探しまていきます。

④前走が条件戦で着差1秒以上の負け、更に斤量減ではない馬は(0-0-0-40)です。*前3走内にG1で3着以内の好走馬は除く
【消し馬】ショウリュウムーンリビアーモ

⑤前走がOP戦以下で斤量51キロ以下で負け、勝っていても着差が1馬身半未満の馬は(0-0-0-11)です。
【消し馬】ジュエルオブナイル

Advertisement

攻略データ(2)で7頭が消し馬の対象となりましたが、なんとアプリコットフィズが含まれています。京都牝馬Sは過去10年での1番人気の成績は(2-0-2-6)と若干信頼性にかけます。アプリコットフィズが1番人気になるようでしたら思い切ってバッサリいくのも手かもしれませんね。

攻略データ(1)(2)での予想は◎ブロードストリート、〇ヒカルアマランサス、▲コスモネモシン、△アグネスワルツといったところでしょうか。京都牝馬Sは外回りコースで長い直線のため、33秒台のキレのある差し追込馬が台頭してきますので、最終予想ではその辺りのデータも考慮していきます。