第48回函館2歳ステークス(GⅢ)攻略データ(3)

NO IMAGE

函館2歳ステークス(GⅢ)の出走馬が確定しましたので実績データをまとめてみました。

DsxYyt5ezrrdAAx1465277187_1465277466

それでは函館2歳ステークス(GⅢ)の実績データをみてみましょう。

【距離適性(芝1000m最速タイム)】
ザベストエバー 57.4(函館 16.06)
ガーシュウィン 58.1(函館 16.07)

【距離適性(芝1200m最速タイム)】
モンドキャンノ 1.09.4(函館 16.06)
フクノクオリア 1.09.6(函館 16.07)
ドゥモワゼル 1.09.6(函館 16.06)
タイムトリップ 1.09.7(福島 16.07)
ラッシュアウト 1.09.8(函館 16.07)

【上り3FMAXタイム】
ザベストエバー 34.0(6)
モンドキャンノ 34.1(1)
ガーシュウィン 34.2(1)
フクノクオリア 34.4(2)
ラッシュアウト 34.5(3)
ドゥモワゼル 34.5(3)

【前走の着差】
ドゥモワゼル 0.7差(函館 未1200)
ガーシュウィン 0.7差(函館 新馬1000)
メローブリーズ 0.4差(函館 新馬1200)
バリンジャー 0.4差(函館 新馬1200)
ロイヤルメジャー 0.4差(函館 牝新馬1200)

【負かした相手のその後】
モンドキャンノ 3頭が次走で勝利
フクノクオリア 2頭が次走で勝利
ドゥモワゼル 2頭が次走で勝利
レヴァンテライオン 1頭が次走で勝利
ネコワールド 1頭が次走で勝利

実績データの結果は以下の通りです。

ドゥモワゼル 14P (4項目該当)
モンドキャノン 14P (3項目該当)
ガーシュウィン 12P (3項目該当)
フクノクオリア 10P (3項目該当)
ザベストエバー 10P (2項目該当)

攻略データ(1)~(3)をすべてクリアした馬は5頭(全16頭)です。まだキャリア1~2戦しかない馬達なのでデータもどこまで信じて良いのか微妙なところです。その他のデータで評価できるのはフクノクオリアで、前走は函館芝1200mを1.09.6で勝っているのですが、同日の同条件(函館芝1200m)で3歳上500万下戦の勝ちタイムが1.09.8、1600万下戦の勝ちタイムが1.09.7と上位クラスより速い勝ちタイムです。本日現在では本命候補と考えています。

ブログランキングにご協力お願い致します。
競馬ブログ・ランキング