第64回阪神大賞典(GⅡ)攻略データ(2)

第64回阪神大賞典(GⅡ)攻略データ(2)

阪神大賞典(GⅡ)は8番人気以下が(0-0-0-42)と苦戦傾向で軽視で良さそうです。前走のクラス別でみてみると有馬記念が(3-4-2-6)、ダイヤモンドSが(2-2-3-22)、日経新春杯が(2-1-2-5)と好走しており、年齢でみてみると4歳馬が(3-6-2-16)、5歳馬が(3-2-4-12)と活躍しています。阪神大賞典(GⅡ)は『8番人気以下軽視』、『前走有馬記念、ダイヤモンドS、日経新春杯』、『4~5歳馬』が好走馬を探す3つのキーワードですね。それでは過去のデータから消し馬を探していきましょう。

①前走G2以下戦に出走し、10番人気以下だった馬は(0-0-0-23)です。
【該当馬】
サイモントルナーレタマモベストプレイマイネルメダリスト

②前走条件戦出走馬は(1-2-3-47)ですが、このうち前走1秒以上の差をつけられて大敗した馬は(0-0-0-9)です。
【該当馬】
ストロベリーキング

③前2走とも10番人気以下だった馬は(1-0-1-18)ですが、このうち前2走とも8着以下だった馬は(0-0-0-8)です。
【該当馬】
カレンミロティックサイモントルナーレタマモベストプレイ

④前走非重賞戦に出走した7歳以上の馬は(0-0-0-12)です。
【該当馬】
アドマイヤフライト

⑤前走ダイヤモンドSに出走し、2秒以上の差をつけられて大敗した馬は(0-0-0-9)です。
【該当馬】
カムフィーサイモントルナーレマイネルメダリスト

Advertisement

本日の消し馬データをクリアした馬は4頭(全11頭)です。この4頭のうち3頭が攻略データ(1)もクリアしており、さらに冒頭で述べた3つのキーワードも考慮するとシュヴァルグラン、【馬の名前は人気ブログランキングで確認】の2頭が面白そうですね。