第2回ラジオNIKKEI杯京都2歳ステークス(GⅢ)攻略データ(1)

第2回ラジオNIKKEI杯京都2歳ステークス(GⅢ)攻略データ(1)

ラジオNIKKEI杯京都2歳ステークス(GⅢ)は1番人気が(5-2-2-1)と好成績を残しており、前走のクラス別でみてみると新馬戦が(4-4-4-9)と好走しています。前走の距離でみてみると1800m戦が(7-5-5-28)、2000m戦が(2-4-3-10)と結果を残しています。ラジオNIKKEI杯京都2歳ステークス(GⅢ)は『1番人気』、『前走新馬戦』、『前走1800~2000m戦』が好走馬を探す3つのキーワードですね。それでは過去のデータから消し馬を探していきましょう。 ※2014年よりG3に昇格

今年で第2回目ですので、OP時代を含めた過去13年間の成績を利用します。

①前走6番人気以下で1秒以上の差をつけられて大敗した馬は(0-0-0-10)です。
【該当馬】
ウインクルサルーテコパノミライ

②前走条件戦以下戦に出走し、1秒以上の差をつけられて大敗した馬は(0-0-0-9)です。
【該当馬】
コパノミライジョルジュサンク

③前走未勝利戦に出走したキャリア4戦以上の馬は(0-0-1-5)ですが、このうち前走1800m以下戦出走馬は(0-0-0-4)です。
【該当馬】
オンザロックス

④前走未勝利戦に出走したキャリア4戦以上の馬は(0-0-1-5)ですが、このうち前走4番人気以下だった馬は(0-0-0-3)です。
【該当馬】
ウインテンダネス

⑤前2走とも非重賞のローカル戦出走馬は(0-0-0-4)です。
【該当馬】
ケルフロイデダンツプリウス

Advertisement

本日の消し馬データをクリアした馬は5頭(全12頭)です。冒頭で述べた3つのキーワードも考慮してもこの5頭が狙い目なのかなと思います。