第22回函館スプリントステークス(GⅢ)攻略データ(2)

第22回函館スプリントステークス(GⅢ)攻略データ(2)

函館スプリントステークス(GⅢ)は前走重賞戦が(7-6-7-50)とまずまずの結果を残しています。前走の距離でみてみると1200m戦が(5-8-4-71)、1400m戦が(4-1-3-20)と好走しており、さらに枠でみてみると1枠が(3-2-2-8)、2枠が(2-1-0-12)、3枠が(3-2-1-12)と内枠が有利です。函館スプリントステークス(GⅢ)は『前走重賞戦』、『前走1200~1400m』、『1~3枠』が好走馬を探す3つのキーワードですね。それでは過去のデータから消し馬を探していきましょう。

①半年以上の休養馬は(0-0-0-8)です。
【該当馬】
メイショウイザヨイ

②前5走内(近1年以内)に1200~1400m芝重賞戦で、3着内の好走歴がない7歳以上の馬は(0-0-0-37)です。
【該当馬】
スギノエンデバーメイショウツガルリベルタス

③前3走内(年内)に条件戦敗退歴・1着歴がともにあり、その1着時が1馬身未満の斤量55キロ以上の馬は(0-0-0-37)です。 ※前走重賞戦連対馬は除く
【該当馬】
ネオウィズダムヒラボクプリンス

④前走1200m以下芝(良・やや重)G3以下戦に出走し、馬体重増減10キロ未満で0.8秒以上の差をつけられて大敗した馬は(0-0-0-22)です。
【該当馬】
フギンメイショウイザヨイ

⑤前3走とも1400m以下G3以下戦で5着以下の馬は(0-0-0-20)です。
【該当馬】
ブランダムールヤマニンプチガトー

⑥前走G3以下戦敗退の斤量2キロ以上増の馬は、函館芝戦2勝以上の馬を除くと(0-0-0-19)です。
【該当馬】
メイショウツガルリベルタスルチャドルアスール

Advertisement

本日の消し馬データをクリアした馬は18頭(全27頭)です。さらに冒頭で述べた3つのキーワードも考慮するとアンバルブライベン、コパノリチャード、マジンプロスパー、ローブティサージュの4頭が面白そうです。昨年秋以降結果はいまいちですのローブティサージュですが、函館が(1-1-0-0)、札幌が(1-0-0-0)と洋芝適正がありますので狙ってみたいなと考えております。