第22回平安ステークス(GⅢ)攻略データ(1)

第22回平安ステークス(GⅢ)攻略データ(1)

平安ステークス(GⅢ)は3年前から京都競馬場・ダート・右1900mに変更になりました。このコースは1800mのスタート地点より、100m後方からスタートしますので、以前より枠順の有利不利は緩和されます。それでも逃げ・先行馬が圧倒的有利と言われており、直線に入ったところで好位につけていないと勝ち負けは難しいコースです。過去2年の傾向ですが、波乱傾向が強く4~5番人気が(0-0-2-2)、6~9番人気が(0-2-0-6)、10番人気以下が(1-0-0-13)です。前走のレースでみてみるとアンタレスSが(2-2-0-7)と好走しており、前走の着順でみてみると10着以下だった馬が(1-1-0-2)と巻き返しも十分考えられます。平安ステークス(GⅢ)は『4番人気以下』、『前走アンタレスS』、『前走10着以下』が好走馬を探す3つのキーワードですね。それでは過去のデータから消し馬を探していきましょう。
※データはこの時期に京都ダ1900mで行われていた東海Sの2010~2012年のデータと2013~2014年の平安Sのデータを参考。

①前走10番人気以下だった馬は(0-0-0-15)です。
【該当馬】
イッシンドウタイタガノゴールド

②8歳以上の高齢馬は(0-0-0-3)です。
【該当馬】
グランドシチーソリタリーキングニホンピロアワーズ

③前走10着以下で1秒以上の差をつけられて敗退した馬は(1-1-0-8)ですが、このうち前々走重賞戦で0.4秒内の好走馬を除くと(0-0-0-8)です。
【該当馬】
アスカノロマン

④前3走とも着外馬は(1-0-0-12)ですが、このうち4走前0.2秒以上の差をつけて勝った馬を除くと(0-0-0-11)です。
【該当馬】
タガノゴールドローマンレジェンド

Advertisement

本日の消し馬データをクリアした馬は10頭(全16頭)です。さらに冒頭で述べた3つのキーワードも考慮するとアジアエクスプレス、クリノスターオー、ダノンバトゥーラ、ナムラビクターの4頭が面白そうですね。ただし、抜けた馬も不在ですので、展開重視で予想していきましょう。