第75回菊花賞(GⅠ)攻略データ(1)

第75回菊花賞(GⅠ)攻略データ(1)

菊花賞(GⅠ)は京都競馬場・芝・右・外3000mで行われます。スタートは向う正面上り坂途中からで、3.9mの丘を2回越え、6つのコーナーを回ります(外回り1周半)。スタート直後のペースが速くてもスタンド前の直線でペースが落ち、2周目の向う正面の坂下までに一息入ります。長距離にしては逃げ馬が活躍しているのは、単騎で逃げれ、きちんと息が入るためです。また、今年もフルゲートになると思いますし、6つのコーナーを回りますので、当然内枠が有利と判断してよいと思います。それでは過去10年で3着以内に好走した全30頭が該当するデータを元に好走しそうな馬を探していきます(競馬最強の法則を参考)。

①日本ダービーで4着以内、かつ皐月賞で1着
11年 1番人気1着オルフェーヴル(日本ダービー 1着/皐月賞 1着)
05年 1番人気1着ディープインパクト(日本ダービー 1着/皐月賞 1着)

【該当馬】
該当馬なし

②過去に芝2000m以上の重賞で1着、かつ皐月賞かダービーで3着以内
13年 1番人気1着エピファネイア(神戸新聞杯 1着/日本ダービー 2着ほか)
12年 1番人気1着ゴールドシップ(神戸新聞杯 1着/皐月賞 1着)
11年 2番人気2着ウインバリアシオン(青葉賞 1着/日本ダービー 2着)
10年 1番人気2着ローズキングダム(神戸新聞杯 1着/日本ダービー 2着)
06年 2番人気2着ドリームパスポート(神戸新聞杯 1着/皐月賞 2着ほか)
06年 3番人気3着アドマイヤメイン(毎日杯 1着/日本ダービー 3着)
05年 6番人気2着アドマイヤジャパン(京成杯 1着/皐月賞 3着)

【該当馬】
トゥザワールドワンアンドオンリー

③同年に古馬混合1000万クラス以上の芝2200m以上で3着以内
13年 3番人気3着バンデ(兵庫特別 1着)
12年 7番人気3着ユウキソルジャー(北海道HC 1着)
10年 13番人気3着ビートブラック(兵庫特別 1着)
09年 7番人気2着フォゲッタブル(阿賀野川特別 2着)
08年 1番人気1着オウケンブルースリ(阿賀野川特別 1着)
07年 6番人気2着アルナスライン(京都大賞典 3着)
04年 8番人気1着デルタブルース(九十九里特別 1着)

【該当馬】
ヴォルシェーブゴールドアクターシャンパーニュラングレー

④同年にOPクラスの芝2200m以上で連対(OP特別なら1着)
12年 5番人気2着スカイディグニティ(セントライト記念 2着)
11年 3番人気3着トーセンラー(セントライト記念 2着)
07年 4番人気1着アサクサキングス(神戸新聞杯 2着ほか)
07年 1番人気3着ロックドゥカンブ(セントライト記念 1着)
04年 4番人気2着ホオキパウェーブ(セントライト記念 2着ほか)

【該当馬】
サウンズオブアースショウナンラグーンスズカデヴィアストゥザワールドハギノハイブリッドワンアンドオンリーワールドインパクト

⑤神戸新聞杯で3着以内
13年 5番人気2着サトノノブレス(神戸新聞杯 3着)
10年 7番人気1着ビッグウィーク(神戸新聞杯 3着)
09年 6番人気3着セイウンワンダー(神戸新聞杯 3着)
06年 6番人気1着ソングオブウインド(神戸新聞杯 3着)
05年 3番人気3着ローゼンクロイツ(神戸新聞杯 3着)

【該当馬】
サウンズオブアーストーホウジャッカル

⑥過去に古馬混合1000万クラス以上の芝1800m以上で1着
09年 8番人気1着スリーロールス(野分特別 1着)
08年 9番人気3着ナムラクレセント(玄海特別 1着)
04年 6番人気3着オペラシチー(玄海特別 1着)

【該当馬】
ヴォルシェーブゴールドアクターサトノアラジンサングラスシャンパーニュミヤビジャスパー

⑦過去にOPクラスの京都芝1800m以上で連対
08年 15番人気2着フローテーション(萩S 1着)

【該当馬】
トゥザワールドトーセンスターダムハギノハイブリッド

Advertisement

本日の3着内に好走しそうなデータをクリアした馬は16頭(全23頭)です。3歳馬では過去に3000m以上を経験している馬はもちろんいませんので、距離に関してはどの馬も不安要素ではあります。『長距離=逃げ馬』というイメージはありますが、菊花賞では逃げ馬が過去10年で3着2回のみで、そう簡単に逃がしてはくれません。あとデータ収集をして気になったのは、春のクラシック路線をはずれていた馬達の活躍です。過去10年で10頭の馬が3着内に好走していますので軽視してはいけません。今年はどんな結果がまっているのか楽しみですね