第14回レパードステークス(GⅢ)攻略データ(1)

第14回レパードステークス(GⅢ)攻略データ(1)

レパードステークス(GⅢ)は新潟競馬場・ダート・左1800mで行われます。このコースは最後の直線に入ったところからスタートし、1コーナーまでの直線距離は389mあります。前半は速めに流れる傾向も、コーナー角度がキツイため、道中のペースは落ち着きやすいです。また、平坦コースでもあるため、道中うまく息を入れた先行馬がもうひと踏ん張りして前残りとなるケースが多いです。コーナーのキツさのため、1200m戦同様、外々を回らされる馬や、後方待機馬は不利と言われています。少々ペースが速くなっても好位のポジションを取りきるのが得策と言えます。他のコースでオーバーペースに巻き込まれてしまった逃げ・先行馬の反撃には注意が必要です。それでは過去10年で3着以内に好走した全30頭が該当するデータを元に好走しそうな馬を探していきます。

①前走ジャパンダートダービーで5着以内
20年 2番人気2着ミヤジコクオウ(ジャパンダートダービー 5着)
19年 1番人気2着デルマルーヴル(ジャパンダートダービー 2着)
16年 1番人気2着ケイティブレイブ(ジャパンダートダービー 2着)
15年 1番人気1着クロスクリーガー(ジャパンダートダービー 2着)
13年 2番人気3着ケイアイレオーネ(ジャパンダートダービー 3着)
12年 2番人気1着ホッコータルマエ(ジャパンダートダービー 5着)

【該当馬】
ハピ

②前走2勝クラスのダート1600m以上で1着
21年 1番人気1着メイショウムラクモ(いわき特別 1着)
20年 5番人気3着ブランクチェック(3歳以上2勝クラス 1着)
13年 1番人気1着インカンテーション(濃尾特別 1着)
13年 4番人気2着サトノプリンシパル(御嶽特別 1着)
12年 3番人気2着ナムラビクター(御嶽特別 1着)

【該当馬】
カフジオクタゴンシダータイセイドレフォンホウオウルーレット

③前走2勝クラスのダート1700m以上で3着以内
21年 6番人気3着レプンカムイ(インディアT 2着)
12年 1番人気3着イシゲン(彦星賞 1着)

【該当馬】
カフジオクタゴングットディールシダータイセイドレフォントウセツホウオウルーレット

④過去にOPクラスのダート1600m以上で連対
18年 5番人気1着グリム(青竜S 1着)
18年 9番人気3着ビッグスモーキー(兵庫CS 2着)
17年 11番人気1着ローズプリンスダム(鳳雛S 1着)
17年 1番人気3着エピカリス(UAEダービー 2着ほか)
16年 2番人気1着グレンツェント(青竜S 1着ほか)
16年 6番人気3着レガーロ(全日本2歳優駿 2着)
14年 9番人気3着ランウェイワルツ(伏竜S 1着)

【該当馬】
タイセイドレフォンハピヘラルドバローズホウオウルーレット

⑤過去に重賞の芝・ダート1600m以上で3着内
20年 7番人気1着ケンシンコウ(ユニコーンS 3着)
15年 3番人気2着ダノンリバティ(毎日杯 2着)
14年 1番人気1着アジアエクスプレス(朝日杯FS 1着)

【該当馬】
ラブパイロー

⑥ダート戦2連勝以上で無敗
14年 7番人気2着クライスマイル(未勝利 1着、500万下1着)

【該当馬】
該当馬なし

⑦前走地方競馬A級以上のダート1600m以上で1着
15年 11番人気3着タマノブリュネット(’15スパーキングNC 1着)

【該当馬】
該当馬なし

⑧同年3月以降に1勝クラス以上のダート1800m以上で1着
21年 10番人気2着スウィープザボード(3歳1勝クラス 1着)※中京ダ1800m
19年 10番人気1着ハヤヤッコ(500万下 1着)※中山ダ1800m
19年 11番人気3着トイガー(500万下 1着)※東京ダ2100m
18年 10番人気2着ヒラボクラターシュ(500万下 1着)※中山ダ1800m
17年 12番人気2着サルサディオーネ(500万下 1着)※中京ダ1800m

【該当馬】
アーテルアストレアインディゴブラックヴァレーデラルナカフジオクタゴンギャラクシーナイトタイセイドレフォントウセツハピプラチナドリームヘラルドバローズメイショウユズルハ

Advertisement

本日の3着内に好走しそうなデータをクリアした馬は15頭(全21頭)です。半数以上の馬がクリアしましたが、この中でもハピ、カフジオクタゴン、タイセイドレフォン、ホウオウルーレットあたりに注目していきたいと思います。とりあえず現時点での本命候補はハピとしておきます。