第165回天皇賞(春)(GⅠ)攻略データ(1)

第165回天皇賞(春)(GⅠ)攻略データ(1)

今年も天皇賞(春)(GⅠ)は阪神競馬場・芝・右・外→内3200mで行われます。このコースは1周目外回り、2周目内回りを走る特殊なコースです。長丁場なので、当然豊富なスタミナが問われますが、枠順はそれほど気にしなくても良さそうです。3000mと同じく2周目が内回りなので、基本的に傾向は類似すると思います。道中スローペースで流れて、残り800m位からペースアップし、後方からの追込みは決まりにくいです。先行策をとって、早めの仕掛けからそのまま押し切るのはベストかと思います。それでは過去10年で3着以内に好走した全30頭が該当するデータを元に好走しそうな馬を探していきます。

①前走阪神大賞典で1着、かつ前年秋以降に芝2400m以上の古馬混合G2以上で連対
17年 2番人気3着サトノダイヤモンド(阪神大賞典 1着/有馬記念 1着)
16年 3番人気3着シュヴァルグラン(阪神大賞典 1着/日経新春杯 2着)

【該当馬】
ディープボンド

②同年に芝2000~2500mのG2以上で3着内
21年 3番人気1着ワールドプレミア(日経賞 3着)
21年 4番人気3着カレンブーケドール(日経賞 2着)
20年 11番人気2着スティッフェリオ(日経賞 3着)
20年 4番人気3着ミッキースワロー(日経賞 1着)
19年 1番人気1着フィエールマン(AJCC 1着)
19年 6番人気2着グローリーヴェイズ(日経新春杯 1着)
18年 4番人気3着クリンチャー(京都記念 1着)
17年 1番人気1着キタサンブラック(大阪杯 1着)
16年 2番人気1着キタサンブラック(大阪杯 2着)
14年 3番人気2着ウインバリアシオン(日経賞 1着)
14年 12人気3着ホッコーブレーヴ(日経賞 2着)
13年 2番人気1着フェノーメノ(日経賞 1着)
13年 3番人気2着トーセンラー(京都記念 1着)
12年 2番人気3着ウインバリアシオン(日経賞 2着)

【該当馬】
タイトルホルダータガノディアマンテヒートオンビートマイネルファンロン

③前走大阪杯で3着内、かつ過去に芝2000m以上のG1で1着
12年 3番人気2着トーセンジョーダン(大阪杯 3着/11年天皇賞秋 1着)

【該当馬】
該当馬なし

④同年にOPクラスの芝3000m以上で連対
21年 1番人気2着ディープボンド(阪神大賞典 1着)
18年 2番人気1着レインボーライン(阪神大賞典 1着)
17年 4番人気2着シュヴァルグラン(阪神大賞典 2着)
15年 2番人気1着ゴールドシップ(阪神大賞典 1着)
15年 7番人気2着フェイムゲーム(ダイヤモンドS 1着)

【該当馬】
アイアンバローズディープボンドテーオーロイヤルマカオンドール

⑤過去に芝3000m以上のG1で3着以内
20年 1番人気1着フィエールマン(19年天皇賞春 1着ほか)
18年 1番人気2着シュヴァルグラン(17年天皇賞春 2着ほか)
16年 13番人気2着カレンミロティック(15年天皇賞春 3着ほか)
14年 4番人気1着フェノーメノ(13年天皇賞春 1着)
12年 14番人気1着ビートブラック(10年菊花賞 3着)

【該当馬】
タイトルホルダーディープボンドユーキャンスマイル

⑥前年秋以降にOPクラスの芝・ダート2400m以上で1着
19年 8番人気3着パフォーマプロミス(アルゼンチン共和国杯 1着)
13年 6番人気3着レッドカドー(香港ヴァーズ 1着)

【該当馬】
タイトルホルダーディバインフォースディープボンドテーオーロイヤルマカオンドール

⑦過去1年以内にに芝2200m以上のG1で連対
15年10番人気3着カレンミロティック(14年宝塚記念 2着)

【該当馬】
タイトルホルダーディープボンド

Advertisement

本日の3着内に好走しそうなデータをクリアした馬は10頭(全18頭)です。約半数の馬がクリアしましたが、この中でもディープボンド、タイトルホルダーが抜け出ているかなと思います。とりあえず現時点での本命候補はディープボンドにしておきます。