第66回大阪杯(GⅠ)攻略データ(2)

第66回大阪杯(GⅠ)攻略データ(2)

大阪杯(GⅠ)は前走G1戦が(4-2-5-20)、G2戦が(4-7-5-49)と活躍しています。前走の着順でみてみると1着が(2-2-5-14)、2着が(5-0-2-14)、3着が(0-3-1-14)、4~5着が(2-3-2-15)と引き続き好走しており、さらに年齢別にみてみると4歳馬が(5-3-5-22)、5歳馬が(5-5-2-29)と圧倒的な結果を残しています。大阪杯(GⅠ)は『前走G1、G2戦』、『前走1~5着馬』、『4~5歳馬』が好走馬を探す3つのキーワードですね。それでは過去のデータから消し馬を探していきましょう。

①前走10着以下だった馬は(0-0-0-20)です。
【該当馬】
ウインマリリンステラリアマカヒキレッドジェネシス

②前走1.0秒以上の差をつけられて敗退した馬は(0-0-0-23)です。
【該当馬】
ウインマリリンステラリアヒュミドールマカヒキレッドジェネシス

③6歳以上の馬は(0-2-3-46)ですが、このうち前走0.6秒以上の差をつけられて敗退した馬は(0-0-0-27)です。
【該当馬】
ヒュミドールショウナンバルディマカヒキ

④6歳以上の馬は(0-2-3-46)ですが、このうち今回斤量増の7歳以上の馬は(0-0-0-7)です。
【該当馬】
アフリカンゴールド

⑤6歳以上の馬は(0-2-3-46)ですが、このうち今回斤量2キロ以上増の馬は(0-0-0-4)です。
【該当馬】
スカーフェイス

⑥今回斤量増の馬は(4-5-7-45)ですが、このうち前走国内戦4着以下だった馬は(0-0-0-4)です。
【該当馬】
スカーフェイス

⑦今回斤量増の馬は(4-5-7-45)ですが、このうち前走G3以下戦使用の斤量3キロ以上増の馬は(0-0-0-4)です。
【該当馬】
アリーヴォ

⑧今回斤量増の馬は(4-5-7-45)ですが、このうち前走G2以下戦敗退で今回斤量2キロ以上増の馬は(0-0-0-6)です。
【該当馬】
スカーフェイス

Advertisement

本日の消し馬データをクリアした馬は7頭(全16頭)です。この7頭は攻略データ(1)もクリアしており、さらに冒頭でのべた3つのキーワードも考慮するとジャックドール、アカイイト、エフフォーリア、ポタジェ、レイパパレが面白そうです。とりあえず現時点での本命候補は変更せずエフフォーリアのままとしておきます。