第50回札幌記念(GⅡ)攻略データ(2)

NO IMAGE

札幌記念(GⅡ)は1番人気が(4-3-0-3)とまずまず期待に応えており、前走のクラス別でみてみると重賞戦が(10-8-10-92)と圧倒的な結果を残しています。また、4歳馬が(4-2-3-19)、5歳馬が(4-4-4-26)と好走しています。札幌記念(GⅡ)は『1番人気』、『前走重賞戦』、『4~5歳馬』が好走馬を探す3つのキーワードですね。それでは過去のデータから消し馬を探していきましょう。

無料登録で予想、コースデータ、調教データを入手できます。データ派の方におススメのサイトです。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
手軽に儲けたい!要チェック無料競馬サイト【ウマセン】

①前走2.0秒以上の差をつけられて敗退した馬は(0-0-0-17)です。
【該当馬】
ルルーシュ

②前走G3戦に出走し、10番人気以下だった牡・セン馬は(0-0-0-15)です。
【該当馬】
ナカヤマナイト

③2000m戦での着外が7回以上ある馬は(0-0-0-35)です。 ※前走連対馬は除く
【該当馬】
トウカイパラダイスナカヤマナイト

④前走非重賞戦に出走し、斤量増の54キロ以上の馬は(0-0-0-13)です。
【該当馬】
ムーンリットレイク

⑤前2走内にG2以上戦で連対がない芝戦2勝以下の馬は(0-0-0-19)です。
【該当馬】
エイシンブルズアイ

本日の消し馬データをクリアした馬は10頭(全15頭)です。この10頭のうち9頭が攻略データ(1)もクリアしており、さらに冒頭で述べた3つのキーワードも考慮するとアドマイヤフライト、エアソミュール、ゴールドシップ、トウケイヘイロー、ラブイズブーシェ、ロゴタイプの6頭が良さげですね。

今年の札幌記念(GⅡ)はゴールドシップとハープスターの対決が注目されていますが、それぞれ危険な部分も存在している事を忘れないでおきたいです。ゴールドシップは出遅れ問題です。前走の宝塚記念は横山典騎手が上手くスタートさせ先行策で圧勝しましたが、直線距離の短い札幌競馬場で出遅れてしまったらキレる脚を持っていないゴールドシップは致命的です。ハープスターは「いつも通り後方からの末脚勝負」と松田調教師はコメントを残しています。直線が短いので早めに動き出すと思いますが、届かない恐れもありえます。

また2頭とも『札幌記念⇒凱旋門賞』というローテを予定していますので、今回は余裕残しの仕上げで出てくる可能性も高いです。両頭のワンツーが濃厚かもしれませんが(競馬ファンなら見たいシーンですが)、他の馬にもチャンスはあると考えています。

ブログランキングにご協力お願い致します。
競馬ランキング&競馬情報検索エンジン 競馬サーチ.com