第63回アメリカジョッキークラブカップ(GⅡ)攻略データ(1)

第63回アメリカジョッキークラブカップ(GⅡ)攻略データ(1)

アメリカジョッキークラブカップ(GⅡ)は中山競馬場・芝・右・外2200mで行われます。このコースは直線の入り口がスタートで、1コーナーまでの直線距離は432mあります。外回りコースを使用するため、2コーナーまでは緩やかなカーブとなります。また、4コーナーまでも緩やかなカーブを描くコースで平均ペースになり易いです。向こう正面の下りも手伝って、道中のペースが落ちないため、3コーナーからの仕掛けが重要なポイントとなります。脚質的には先行馬が有利と言われています。最後の直線は310mと短いですが、クラスが上がるにつれて逃げ切りは難しくなります。また、直線一気も難しです。末脚の持続性、すなわちスタミナと底力が要求されます。

それでは過去10年で3着以内に好走した全30頭中29頭が該当するデータを元に好走しそうな馬を探していきます。

①前年9月以降に芝2000m以上の古馬混合G1で5着以内
12年 1番人気1着ルーラーシップ(有馬記念 4着)

【該当馬】
該当馬なし

②前走芝1800~2200mの古馬混合重賞で3着以内
20年 4番人気3着ラストドラフト(中日新聞杯 2着)
17年 1番人気2着ゼーヴィント(福島記念 2着)
16年 2番人気1着ディサイファ(金鯱賞 2着)
15年 7番人気2着ミトラ(福島記念 1着)
15年 2番人気3着エアソミュール(金鯱賞 3着)
13年 2番人気3着アドマイヤラクティ(金鯱賞 3着)
12年 4番人気3着ゲシュタルト(中日新聞杯 2着)

【該当馬】
該当馬なし

③過去1年以内に芝1800~2200mの古馬混合別定G2以上で3着以内
21年 6番人気3着ラストドラフト(20年AJC杯 3着)
20年 1番人気1着ブラストワンピース(札幌記念 1着)
20年 5番人気2着ステイフーリッシュ(京都記念 2着)
15年 4番人気1着クリールカイザー(オールカマー 3着)
14年 2番人気1着ヴェルデグリーン(オールカマー 1着)

【該当馬】
ダンビュライトポタジェラストドラフト

④過去1年以内に芝2000m以上の重賞で連対
21年 1番人気1着アリストテレス(菊花賞 2着)
21年 3番人気2着ヴェルトライゼンデ(神戸新聞杯 2着)
19年 1番人気2着フィエールマン(菊花賞 1着)
19年 5番人気3着メートルダール(新潟記念 2着)
18年 1番人気2着ミッキースワロー(セントライト記念 1着)
17年 7番人気1着タンタアレグリア(阪神大賞典 2着)
13年 3番人気1着ダノンバラード(日経新春杯 2着)
13年 5番人気2着トランスワープ(新潟記念 1着ほか)

【該当馬】
アサマノイタズラオーソクレースポタジェマイネルファンロン

⑤過去に芝2000m以上のG2以上で1着
19年 7番人気1着シャケトラ(17年日経賞 1着)

【該当馬】
アサマノイタズラキングオブコージダンビュライト

⑥前走(前年12月以降)に3勝クラス以上の中山芝1800m以上で1着
17年 3番人気3着ミライヘノツバサ(迎春S 1着)
12年 2番人気2着ナカヤマナイト(ディセンバーS 1着)

【該当馬】
スマイル

⑦過去1年以内にOPクラスの芝1800m以上で5着以内
18年 2番人気1着ダンビュライト(菊花賞 5着ほか)
18年 8番人気3着マイネルミラノ(オールカマー 4着)
16年 3番人気2着スーパームーン(ディセンバーS 2着ほか)
14年 11番人気2着サクラアルディート(大阪城S 2着)
14年 6番人気3着フェイムゲーム(スプリングS 4着)

【該当馬】
アサマノイタズラオーソクレースキングオブコージソッサスブレイダンビュライトポタジェボッケリーニマイネルファンロンラストドラフト

Advertisement

本日の3着内に好走しそうなデータをクリアした馬は10頭(全13頭)です。殆どの馬がクリアしましたが、この中でもダンビュライト、アサマノイタズラ、ポタジェ、ラストドラフト、オーソクレース、マイネルファンロン、キングオブコージあたりに注目していきたいと思います。とりあえず現時点での本命候補はオーソクレースとしておきます。