第55回宝塚記念(GⅠ)攻略データ(1)

第55回宝塚記念(GⅠ)攻略データ(1)

宝塚記念(GⅠ)は阪神競馬場・芝・右2200mで行われます。このコースの特徴はスタートから1コーナーまでの距離が500m以上もあり、さらに下り坂からのスタートなのでテンが速くなります。1コーナー過ぎにはペースが落ち着くが、向こう正面では縦長の展開になりやすいです。ゴール前の急坂意外は下りとなり、本質的に長い脚を使ってバテなさを競うコースと言われています。このコースではスピードを持続できる先行馬を狙うのが馬券的中につながります。それでは過去10年で3着以内に好走した全30頭中29頭が該当するデータを元に好走しそうな馬を探していきます(競馬最強の法則を参考)。

①同年に芝1400m~2200mの古馬混合別定G2以上で1着、かつ過去1年以内に芝2200m~2500mの古馬牡馬混合G1で1着
04年 1番人気1着タップダンスシチー(金鯱賞1着/03年JC1着)

【該当馬】
該当馬なし

②同年の天皇賞(春)で5着以内、かつ前年9月以降に牡馬混合の芝2200m以上のG1で連対
13年 2番人気1着ゴールドシップ(天皇賞春 5着/有馬記念 1着ほか)
06年 1番人気1着ディープインパクト(天皇賞春 1着/有馬記念 2着)

【該当馬】
ウインバリアシオン

③同年に芝1600m以上の古馬混合G1で連対、かつ前年9月以降に芝2000~2200mの別定G2以上で連対
13年 1番人気3着ジェンティルドンナ(ドバイシーマC 2着/秋華賞 1着)
12年 2番人気2着ルーラーシップ(クイーンエリザベスC 1着/AJCC 1着)
11年 1番人気2着ブエナビスタ(ヴィクトリアマイル 2着/天皇賞秋 1着)
10年 1番人気2着ブエナビスタ(ヴィクトリアマイル 1着/京都記念 1着)
09年 1番人気3着ディープスカイ(安田記念 2着/産経大阪杯 2着)
08年 1番人気2着メイショウサムソン(天皇賞春 2着/天皇賞秋 1着)
07年 3番人気1着アドマイヤムーン(ドバイデューティーフリー 1着ほか/香港C 2着)
07年 2番人気2着メイショウサムソン(天皇賞春 1着/産経大阪杯 1着)
05年 11番人気1着スイープトウショウ(安田記念 2着/秋華賞 1着)

【該当馬】
ウインバリアシオンジェンティルドンナメイショウマンボ

④同年に芝1800~2000mのG2で1勝を含み、重賞で2回以上連対
12年 6番人気3着ショウナンマイティ(産経大阪杯 1着/鳴尾記念 2着)
09年 2番人気1着ドリームジャーニー(産経大阪杯 1着/中山記念2 着)
09年 3番人気2着サクラメガワンダー(金鯱賞 1着/京都記念 2着)
08年 5番人気1着エイシンデピュティ(金鯱賞 1着/産経大阪杯 2着)

【該当馬】
該当馬なし

⑤同年に芝1600m以上のG1で3着以内
04年 6番人気2着シルクフェイマス(天皇賞春 3着)

【該当馬】
ヴィルシーナウインバリアシオンジェンティルドンナホッコーブレーヴメイショウマンボ

⑥過去に芝2200mのG2以上で1着(G1なら2着でも可)
13年 5番人気2着ダノンバラード(13年AJCC 1着)
10年 8番人気1着ナカヤマフェスタ(09年セントライト記念 1着)
06年 10番人気2着ナリタセンチュリー(05年京都記念 1着)
05年 3番人気2着ハーツクライ(04年京都新聞杯 1着)

【該当馬】
ヴィルシーナヴェルデグリーンゴールドシップトーセンジョーダンメイショウマンボ

⑦同年に芝1800m以上のG2で1着
10年 3番人気3着アーネストリー(金鯱賞 1着)
07年 4番人気3着ポップロック(目黒記念 1着)
06年 9番人気3着バランスオブゲーム(中山記念 1着)
04年 3番人気3着リンカーン(阪神大賞典 1着)

【該当馬】
ウインバリアシオンヴェルデグリーンゴールドシップ

⑧過去1年以内に芝2000m以上の古馬混合G1で連対
12年 1番人気1着オルフェーヴル(有馬記念 1着)
11年 3番人気3着エイシンフラッシュ(天皇賞春 2着)
05年 2番人気3着ゼンノロブロイ(天皇賞秋 1着ほか)

【該当馬】
ウインバリアシオンゴールドシップジェンティルドンナデニムアンドルビーメイショウマンボ

⑨芝2000~2200mの重賞で連対を含み3戦以上連続オール3着以内
11年 6番人気1着アーネストリー(金鯱賞 3着/天皇賞秋 3着/札幌記念 1着)

【該当馬】
該当馬なし

本日の3着以内に好走しそうなデータをクリアした馬は9頭(全13頭)です。上半期を〆るGⅠレースですが、今年も出走数が多くないのが残念ですね。とりあえず本日のデータのみで評価すると◎ウインバリアシオン、〇メイショウマンボ、▲ジェンティルドンナ、△ゴールドシップといったところでしょうか。

今週は芝重賞戦は宝塚記念のみなので、じっくり予想をしていきたいと思います。的中させて少しでも回収率をあげないと。。。