第31回エプソムカップ(GⅢ)攻略データ(1)

第31回エプソムカップ(GⅢ)攻略データ(1)

エプソムカップ(GⅢ)は東京競馬場・芝・左1800mで行われます。このコースの特徴はポケットからのスタートとなるので2コーナーまでの芝の状態が良いです。しかし、スタート地点から2コーナーまでの距離が短いのでそれほどペースは上がらず、基本遅め平均ペースとなります。また、このコースは内枠の先行馬が断然有利なコースと言われています。逆に外枠の先行馬はかなりのロスが強いられてしまうので、先行馬が内外どちらに入ったかは注意してチェックしましょう。今週もずっと天気がよくないので、馬場状態も気になるところですね。それでは過去10年で3着以内に好走した全30頭が該当するデータを元に好走しそうな馬を探していきます(競馬最強の法則を参考)。

①近3走以内に準OPクラス以上の芝1600m以上で1着の4~5歳馬
13年 4番人気1着クラレント(東京新聞杯 1着)
12年 1番人気1着トーセンレーヴ(洛陽S 1着)
11年 6番人気2着エーブチェアマン(きぼう賞 1着)
11年 2番人気3着セイクリッドバレー(新潟大賞典 1着)
10年 3番人気2着シルポート(都大路S 1着)
09年 1番人気2着ヒカルオオゾラ(武庫川S 1着)
08年 4番人気1着サンライズマックス(中日新聞杯 1着)
08年 1番人気2着ヒカルオオゾラ(朱雀S 1着)
07年 5番人気1着エイシンデピュティ(オーストラリアT 1着)
07年 2番人気2着ブライトトゥモロー(新潟大賞典 1着)
06年 1番人気3着マチカネキララ(エイプリルS 1着)
05年 4番人気1着スズノマーチ(エイプリルS 1着)
04年 3番人気1着マイネルアムンゼン(新潟大賞典 1着)

【該当馬】
アーデントインプロヴァイズフェスティヴタローマーティンボロ

②準OPクラス以上の芝1400m以上含め連勝中
09年 2番人気1着シンゲン(新潟大賞典 1着/白富士S 1着)
05年 3番人気2着グランリーオ(フリーウェイS 1着/金峰山特別 1着)

【該当馬】
マーティンボロ

③過去に芝1600~2200mの古馬混合別定G2以上で連対
13年 3番人気2着ジャスタウェイ(毎日王冠 2着)
13年 7番人気3着サンレイレーザー(読売マイラーズC 2着)
12年 2番人気2着ダノンシャーク(読売マイラーズC 2着)
11年 1番人気1着ダークシャドウ(産経大阪杯 2着)
08年 12番人気3着グラスボンバー(05年オールカマー 2着)
06年 3番人気2着グラスボンバー(05年オールカマー 2着)
04年 2番人気2着ダンツジャッジ(AJC杯 2着)

【該当馬】
ダノンヨーヨーダークシャドウペルーサ

④同年に古馬牡馬混合OPクラスの芝1200m以上で4着以内、かつ過去に1600m~2000mのG2以上で3着以内
10年 1番人気1着セイウンワンダー(読売マイラーズC 4着/09年皐月賞 3着)
06年 7番人気1着トップガンジョー(都大路S 3着/05年スプリングS 3着)

【該当馬】
該当馬なし

⑤過去に古馬牡馬混合OPクラスの東京芝1600~2000で連対
12年 15番人気マイネルスターリー(09アイルランドT 1着)
10年 9番人気3着キャプテンベガ(東京新聞杯 2着)
09年 3番人気3着キャプテンベガ(東京新聞杯 2着)

【該当馬】
シルクアーネストダノンヨーヨータムロスカイダークシャドウペルーサリルダヴァルレインスティック

⑥同年にOPクラスの芝1600m~2000mで連対
07年 1番人気3着サイレントプライド(新潟大賞典 2着)
04年 1番人気3着ワールドスケール(中山金杯 2着)

【該当馬】
カルドブレッサディサイファマジェスティハーツマーティンボロ

⑦近2走以内に準OPクラス以上の芝1600m以上で1着の6歳以上の馬
05年 7番人気3着ダイワレイダース(アメジストS 1着)

【該当馬】
トーセンジャガー

Advertisement

本日の3着以内に好走しそうなデータをクリアした馬は15頭(全22頭)です。うまぶろぐを書き始めてからエプソムカップの予想は4回目となりますが、好走馬は比較的前目を走る馬が多い事に気がつきました。もちろん昨年2着のジャスタウェイのように後方からの馬でも馬券に絡んできますが、軸は強い先行馬にするのが良さげです。とりあえず本日のデータのみで評価するとマーティンボロ、ダノンヨーヨー、ダークシャドウ、ペルーサの4頭が面白そうですね。