第59回アルゼンチン共和国杯(GⅡ)攻略データ(1)

第59回アルゼンチン共和国杯(GⅡ)攻略データ(1)

アルゼンチン共和国杯(GⅡ)は東京競馬場・芝・左2500mで行われます。このコースは2400mのスタート地点を100m延ばしたところからスタートし、1コーナーまでの距離はおよそ450mあります。スタンド前直線の坂下からスタートし、すぐに上りとなるため2400mよりもテンは落ち着く傾向です。直線の坂を2度上ることもあり、ゴール前は瞬発力に加え、スタミナも必要で、持久力勝負になりやすいです。同じ競馬場で100m違うだけですが、異なる資質が求められるのが特徴です。それでは過去10年で3着以内に好走した全30頭が該当するデータを元に好走しそうな馬を探していきます。

①同年に芝2000~2500mのG2以上で3着以内
20年 3番人気1着オーソリティ(青葉賞 1着)
20年 6番人気2着ラストドラフト(AJCC 3着)
18年 3番人気1着パフォーマプロミス(日経新春杯 1着)
17年 1番人気1着スワーヴリチャード(日本ダービー 2着)
16年 2番人気1着シュヴァルグラン(日経新春杯 2着)
15年 3番人気3着レーヴミストラル(青葉賞 1着)
13年 7番人気1着アスカクリチャン(札幌記念 2着)
13年 3番人気3着ルルーシュ(目黒記念 2着)
11年 1番人気2着オウケンブルースリ(京都大賞典 3着)

【該当馬】
アドマイヤアルバ

②前走3勝クラス以上の東京芝1800m以上で連対
19年 1番人気3着アフリカンゴールド(六社S 1着)
18年 1番人気2着ムイトオブリガード(六社S 1着)
15年 1番人気1着ゴールドアクター(オクトーバーS 1着)
12年 3番人気2着ムスカテール(オクトーバーS 1着)

【該当馬】
コトブキテティス

③過去に東京芝2400m以上の重賞で連対
19年 2番人気1着ムイトオブリガード(18年アルゼンチン共和杯 2着)
14年 2番人気1着フェイムゲーム(ダイヤモンドS 1着)
13年 4番人気2着アドマイヤラクティ(ダイヤモンドS 1着)

【該当馬】
アイスバブルオーソリティ

④前走2勝クラス以上の芝1800m以上で3着内
19年 5番人気2着タイセイトレイル(丹頂S 3着)
18年 11番人気3着マコトガラハット(六社S 3着)
17年 7番人気2着ソールインパクト(六社S 3着)
17年 3番人気3着セダブリランテス(ラジオNIKKEI賞 1着)
16年 3番人気3着ヴォルシェーブ(日本海S 1着)
14年 3番人気3着スーパームーン(アイルランドT 3着)
12年 6番人気3着マイネルマーク(本栖湖特別 1着)
11年 8番人気3着カワキタコマンド(アイルランドT 2着)
11年 3番人気1着トレイルブレイザー(古都S 2着)

【該当馬】
アンティシペイトコトブキテティスゴーストフライライクバードボスジラ

⑤同年に2勝クラス以上の芝2500m以上で3着以内
20年 9番人気3着サンアップルトン(サンシャインS 1着)
14年 4番人気2着クリールカイザー(サンシャインS 2着)
12年 2番人気1着ルルーシュ(札幌日経OP 1着)

【該当馬】
アドマイヤアルバオーソリティゴーストボスジラレクセランス

⑥過去に芝3000m以上の重賞で3着以内
16年 4番人気2着アルバート(15年ステイヤーズS 1着)
15年 4番人気2着メイショウカドマツ(13年ダイヤモンドS 3着)

【該当馬】
オーソリティトーセンカンビーナ

Advertisement

本日の3着内に好走しそうなデータをクリアした馬は10頭(全16頭)です。半数以上の馬がクリアしましたが、この中でもアドマイヤアルバ、コトブキテティス、オーソリティ、ゴースト、ボスジラあたりに注目していきたいと思います。とりあえず現時点での本命候補はオーソリティとしておきます。