第33回新潟大賞典(GⅢ)攻略データ(1)

第33回新潟大賞典(GⅢ)攻略データ(1)

新潟大賞典(GⅢ)が行われる新潟競馬場・芝・左・外2000mの特徴は、向う正面のポケットからスタートし、3コーナーまでの直線距離は948mと長いため、各馬抑え気味となり落ち着きやすいです。勝負は最後の直線(659m)に向いてからの追い出しとなりますが、ここで前に追いつけない馬、決め手の無い馬は厳しく、能力差の出やすいコースです。最後の直線が長いため、差し追込みで決まることが多く、東京競馬場や京都競馬場で末脚を生かす競馬をした馬を狙ってみるのが的中につながると思います。

それでは過去のデータから消し馬を探していきます。

①前3走内に重賞3着以内もしくはOP1着歴がなく、前走非重賞戦0.8秒以上の敗退馬は(0-0-1-22)です。このうち、ハンデ52キロ以上の馬は(0-0-0-19)です。
【該当馬】
アルコセニョーラヤマニンウイスカーヤングアットハート

②前2走ともG3以下戦で6番人気以下だった馬は、前2走内にG3芝(良・やや重)で3着以内、OP芝(良・やや重)で1着の馬、3ヶ月以上の休養馬を除き(0-0-1-16)です。このうち、ハンデ52キロ以上の馬は(0-0-0-15)です。
【該当馬】
ダンスインザモア

③前2走内、芝(良・やや重)の2000mを経験して、1分59秒5以内で走れなかった馬は、前3走以内に重賞5着以内もしくはOP3着以内の馬を除き(0-0-1-22)です。このうち、JRA5勝以下の馬は(0-0-0-18)です。
【該当馬】
マッハヴェロシティ

④年明け3戦以上出走、前3走とも芝を使い、前走G3以下1600m以上芝(良・やや重)戦敗退馬は(0-0-0-18)です。※斤量2キロ以上減の馬は除く
【該当馬】
ダンスインザモア

⑤前3走ともG2以下戦に出走し、重賞勝ち歴がなく、前走57キロ以下1秒以上の差をつけられて敗退したハンデ56キロ以上の馬は(0-0-0-13)です。
【該当馬】
アロマカフェ

新潟大賞典の消し馬データは以上です。こちらも消し馬データが少ないため、各馬の最速上りタイムと上り最速回数を調べてみました。ご参考にしていただければ。

アドマイヤメジャー 34.0(京都・阪神) 7回/15戦
アルコセニョーラ 33.5(東京) 11回/49戦
アロマカフェ 34.5(東京) 3回/11戦
アンノルーチェ 33.4(新潟) 5回/22戦
イケドラゴン 33.2(東京) 2回/27戦
キタサンアミーゴ 33.8(京都) 5回/18戦
サンライズベガ 33.3(新潟) 3回/32戦
シャドウゲイト 34.4(東京) 4回/41戦
セイクリッドバレー 32.1(新潟) 7回/25戦
タッチミーノット 33.0(東京) 7回/13戦
ダンスインザモア 33.3(阪神) 12回/38戦
マイネルゴルト 34.4(京都・阪神) 3回/18戦
マッハヴェロシティ 33.1(新潟) 4回/20戦
マンハッタンスカイ 33.8(京都) 5回/59戦
ヤマニンウイスカー 33.4(小倉) 7回/23戦
ヤングアットハート 33.7(東京) 2回/18戦

Advertisement

末脚勝負となればセイドリックバレー、タッチミーノットあたりが怖いですね。本日の消し馬データをクリアした馬は10頭(16頭中)です。今回は消し馬データだけでは予想するのは難しいので、実績データ、上りタイムなどのプラスになるデータを重視し最終予想をしていきたいと思います。今週は絶対的中しなければ・・・。

 

ブログランキングにご協力お願い致します。
人気ブログランキングへ