第65回大阪杯(GⅠ)攻略データ(1)

第65回大阪杯(GⅠ)攻略データ(1)

大阪杯(GⅠ)は阪神競馬場・芝・右2000mで行われます。このコースはスタンド前直線からスタートし、1コーナーまでの距離は325mあります。スタート直後に上り坂があるため、あまりペースは速くなりません。ただし内回りコースのためか、外回りの1600mや1800mほど瞬発力勝負にはならず、むしろゴール前の坂を力強く越えられるタフさが要求されます。基本的には逃げ・先行有利と言われており、枠順、メンバー構成からスムーズに先行出来そうな馬が狙い目です。それでは過去10年で3着以内に好走した全30頭中29頭が該当するデータを元に好走しそうな馬を探してきましょう。

①過去1年以内に芝2000mの牡馬混合G1で1着
18年 2番人気3着アルアイン(皐月賞 1着)
13年 5番人気3着エイシンフラッシュ(天皇賞秋 1着)
12年 2番人気3着トーセンジョーダン(天皇賞秋 1着)

【該当馬】
該当馬なし

②前年のJCもしくは有馬記念で連対
19年 2番人気2着キセキ(ジャパンC 2着)
17年 1番人気1着キタサンブラック(ジャパンC 1着、有馬記念 2着)
16年 4番人気3着ショウナンパンドラ(ジャパンC 1着)
13年 1番人気1着オルフェーヴル(ジャパンC 2着)

【該当馬】
コントレイル

③過去に阪神芝2000mの牡馬混合G2以上で連対
15年 1番人気2着キズナ(14年産経大阪杯 1着)
13年 2番人気2着ショウナンマイティ(12年産経大阪杯 1着)

【該当馬】
キセキペルシアンナイト

④同年に芝1800~2200mのG2以上で5着以内
20年 2番人気1着ラッキーライラック(中山記念 2着)
20年 4番人気2着クロノジェネシス(京都記念 1着)
20年 1番人気3着ダノンキングリー(中山記念 1着)
19年 9番人気1着アルアイン(金鯱賞 5着)
18年 1番人気1着スワーヴリチャード(金鯱賞 1着)
18年 6番人気2着ペルシアンナイト(中山記念 5着)
17年 4番人気3着ヤマカツエース(金鯱賞 1着)
16年 2番人気1着アンビシャス(中山記念 2着)
15年 6番人気3着エアソミュール(AJC杯 3着)
12年 1番人気2着フェデラリスト(中山記念 1着)
11年 1番人気1着ヒルノダムール(京都記念 3着)

【該当馬】
キセキギベオンワグネリアン

⑤同年にOPクラスの芝1600m以上で連対
12年 6番人気1着ショウナンマイティ(大阪城S 2着)

【該当馬】
アーデントリーギベオン

⑥過去1年以内に芝2000m以上の牡馬混合G1で連対
19年 4番人気3着ワグネリアン(日本ダービー 1着)
16年 5番人気2着キタサンブラック(菊花賞 1着)
14年 2番人気1着キズナ(日本ダービー 1着)
14年 1番人気2着エピファネイア(菊花賞 1着ほか)
11年 3番人気3着エイシンフラッシュ(日本ダービー 1着)

【該当馬】
キセキコントレイルサリオス

⑦過去1年以内に1000万クラス以上の芝2000mで1着
11年 8番人気2着ダークシャドウ(調布特別 1着 ※東京芝2000)

【該当馬】
アドマイヤビルゴギベオンクレッシェンドラヴコントレイルブラヴァスレイパパレ

⑧過去1年以内に芝2000m以上のG1で1着
15年 4番人気1着ラキシス(エリザベス女王杯 1着)

【該当馬】
キセキコントレイルワグネリアン

⑨前年の天皇賞秋で3着以内
17年 7番人気2着ステファノス(天皇賞秋 3着)

【該当馬】
該当馬なし

Advertisement

本日の3着内に好走しそうなデータをクリアした馬は11頭(全15頭)です。多くの馬が該当しましたが、この中でもコントレイル、キセキ、ギベオン、ワグネリアンあたりに注目していきたいと思います。3冠馬のコントレイル、昨年の安田記念、マイルCSを制したグランアレグリア、昨年の日本ダービーでコントレイルの2着となったサリオスの同世代対決にも注目です。とりあえず現時点での本命候補は【馬の名前は人気ブログランキングで確認】としておきます。