第39回ローレル競馬場賞中山牝馬ステークス(GⅢ)攻略データ(1)

第39回ローレル競馬場賞中山牝馬ステークス(GⅢ)攻略データ(1)

中山牝馬ステークス(GⅢ)は中山競馬場・芝・右1800mで行われます。このコースはスタンド前の直線半ばからスタートします。最初のコーナーまでが205mと短く、スタート後すぐに急坂を上がるため、極端に速いペースになりにくいです。従ってすんなりと前のポジションを取った馬が有利で、逃げ・先行馬の成績が良いのも特徴です。コーナーを4つ回るため、外々を回らされるとその分ロスが大きくなり厳しくなります。上りの平均タイムがクラス別で大きな差がなく、上りの競馬にはなりにくいです。前半から中盤のペースが勝ちタイムの差となって出てきます。それでは過去10年で3着以内に好走した全30頭中28頭が該当するデータを元に好走しそうな馬を探していきます。

①同年に芝1600m以上の重賞で3着以内
18年 9番人気3着レイホーロマンス(愛知杯 2着)
17年 7番人気3着クインズミラーグロ(愛知杯 3着)
15年 5番人気3着パワースポット(京都牝馬S 3着)
14年 1番人気1着フーラブライド(日経新春杯 3着)

【該当馬】
シャドウディーヴァランブリングアレー

②同年に芝1600m以上の重賞で5着以内、かつ過去に芝2000m以上のG2以上で連対
15年 4番人気2着アイスフォーリス(中山金杯 5着/12年フローラS 2着)

【該当馬】
シャドウディーヴァ

③前年秋以降に芝1600m以上の重賞で3着以内
20年 3番人気1着フェアリーポルカ(紫苑S 2着)
20年 1番人気3着エスポワール(ターコイズS 2着)
19年 5番人気1着フロンティアクイーン(府中牝馬S 3着)
18年 6番人気1着カワキタエンカ(ローズS 2着)
18年 2番人気2着フロンティアクイーン(ターコイズS 2着)
17年 1番人気2着マジックタイム(府中牝馬S 2着)
14年 4番人気2着キャトルフィーユ(愛知杯 2着)※同着
13年 6番人気1着マイネイサベル(府中牝馬S 1着)
13年 2番人気2着スマートシルエット(府中牝馬S 2着)
13年 1番人気3着オールザットジャズ(愛知杯 3着)
12年 8番人気1着レディアルバローズ(朝日CC 3着)

【該当馬】
シャドウディーヴァシーズンズギフトフェアリーポルカランブリングアレーリアアメリア

④前年秋以降にOPクラス以上の芝1400m以上で5着以内
19年 3番人気2着ウラヌスチャーム(愛知杯 4着)
16年 1番人気2着ルージュバック(エリザベス女王杯 4着)
12年 11番人気3着エオリアンハープ(ターコイズS 3着)
11年 10番人気1着レディアルバローザ(京都牝馬S 4着)
11年 13番人気3着コスモネモシン(愛知杯 5着)

【該当馬】
アブレイズアルーシャクラヴァシュドールサトノダムゼルシャドウディーヴァシーズンズギフトデンコウアンジュフェアリーポルカホウオウピースフルランブリングアレーリアアメリアロザムール

⑤前年8月以降に準OPクラス以上の芝1800m以上で1着
17年 5番人気1着トーセンビクトリー(ジェンティルドンナM 1着)
16年 4番人気1着シュンドルボン(甲斐路S 1着)
16年 15番人気3着メイショウスザンナ(クイーンズS 1着)
12年 7番人気2着オールザットジャズ(飛鳥S 1着)

【該当馬】
サトノダムゼルドナアトラエンテランブリングアレーリアアメリアロザムール

⑥前走準OPクラス以上の芝1400m以上で1着
14年 10番人気2着ケイアイエレガント(節分S 1着)※同着

【該当馬】
ドナアトラエンテ

⑦過去にOPクラス以上の中山芝1800mで連対
19年 11番人気3着アッフィラート(19年 初富士S 2着)
15年 3番人気1着バウンスシャッセ(14年 フラワーC 1着)

【該当馬】
アブレイズサトノダムゼルフェアリーポルカリュヌルージュ

Advertisement

本日の3着内に好走しそうなデータをクリアした馬は14頭(全19頭)です。多くの馬がクリアしましたが、この中でもシャドウディーヴァ、ランブリングアレー、フェアリーポルカ、リアアメリア、サトノダムゼルあたりが面白そうです。とりあえず現時点での本命候補はシャドウディーヴァとしておきます。