第71回ダイヤモンドステークス(GⅢ)攻略データ(1)

第71回ダイヤモンドステークス(GⅢ)攻略データ(1)

ダイヤモンドステークス(GⅢ)は東京競馬場・芝・左3400mで行われます。このコースはダイヤモンドSのために用意されたコースです。バックストレッチ半ばからスタートし、最初のコーナーまでの距離は260mあります。下りスタートで合計4回坂を上ります。外を回ると距離損が大きく、内をロスなく回る騎手の腕が試されます。長距離戦でスローの逃げ残りもイメージされますが、勝ちタイムに大きな差があっても逃げ馬は苦しく、差し馬が活躍しているのも特徴です。それでは過去10年で3着以内に好走した全30頭中29頭が該当するデータを元に好走しそうな馬をさがしていきます。

①同年の万葉Sで5着以内
19年 1番人気1着ユーキャンスマイル(万葉S 2着)
19年 3番人気3着カフェブリッツ(万葉S 4着)
18年 5番人気2着リッジマン(万葉S 2着)
17年 6番人気2着ラブラドライト(万葉S 2着)
16年 4番人気1着トゥインクル(万葉S 5着)
14年 3番人気3着タニノエポレット(万葉S 1着)
11年 2番人気1着コスモメドウ (万葉S 1着)

【該当馬】
タイセイトレイルナムラドノヴァンレイホーロマンス

②前年12月以降に準OPクラスの中山芝2500mで3着以内
17年 2番人気3着カフジプリンス(グレイトフルS 1着)

【該当馬】
ジャコマルブラックマジック

③前年12月以降に準OPクラス以上の芝2400m以上で5着以内
18年 1番人気1着フェイムゲーム(ステイヤーズS 2着)
17年 1番人気1着アルバート(ステイヤーズS 1着)
15年 2番人気2着ファタモルガーナ(ステイヤーズS 2着)
15年 8番人気3着カムフィー(早春S 4着)
13年 6番人気3着メイショウカドマツ(松籟S 1着)
12年 1番人気2着ギュスターヴクライ(早春S 1着)
12年 2番人気3着スマートロビン(日経新春杯 5着)
11年 6番人気3着キタサンアミーゴ (松籟S 1着)

【該当馬】
ジャコマルタイセイトレイルナムラドノヴァンヒュミドールブラックマジックポンデザールレイホーロマンス

④前走1000万クラス以上の芝2200m以上で5着以内
20年 3番人気2着メイショウテンゲン(ステイヤーズS 4着)
20年 2番人気3着オセアグレイト(迎春S 1着)
14年 1番人気1着フェイムゲーム(アメリカジョッキーCC 3着)
13年 1番人気1着アドマイヤラクティ(アメリカジョッキーCC 3着)

【該当馬】
タイセイトレイルナムラドノヴァンヒュミドールブラックマジックポンデザールミスマンマミーア

⑤過去1年以内に芝2000m以上の重賞で5着以内
18年 6番人気3着ソールインパクト(アルゼンチン共和国杯 2着ほか)
16年 2番人気2着フェイムゲーム(天皇賞(春) 2着ほか)
16年 8番人気3着ファタモルガーナ(目黒記念 3着 ほか)
15年 1番人気1着フェイムゲーム(アルゼンチン共和国杯 1着ほか)
13年 4番人気2着ジャガーメイル(天皇賞(春) 4着ほか)
11年 8番人気2着コスモヘレノス (ステイヤーズS 1着ほか)

【該当馬】
アイスバブルオーソリティグロンディオーズサトノガーネットサンアップルトンタイセイトレイルパフォーマプロミスヒュミドールポンデザールミスマンマミーアメイショウテンゲンレイホーロマンス

⑥過去1年以内にOP以上東京芝2400m以上で1着
12年 15番人気1着ケイアイドウソジン(メトロポリタンS 1着)

【該当馬】
オーソリティ

⑦過去に東京2400m以上で2勝以上
19年 8番人気2着サンデームーティエ(稲城特別/未勝利)

【該当馬】
オーソリティグロンディオーズ

⑧過去にG2以上芝2500m以上で連対
20年 16番人気1着ミライヘノツバサ(17年日経賞 2着)

【該当馬】
アイスバブルオーソリティタイセイトレイルパフォーマプロミス

Advertisement

本日の3着内に好走しそうなデータをクリアした馬は15頭(全19頭)です。多くの馬がクリアしましたが、この中でもタイセイトレイル、ナムラドノヴァン、レイホーロマンス、ブラックマジック、ヒュミドール、ポンデザール、オーソリティあたりに注目していきたいと思います。とりあえず現時点での本命候補はオーソリティとしておきます。