第71回東京新聞杯(GⅢ)攻略データ(2)

第71回東京新聞杯(GⅢ)攻略データ(2)

東京新聞杯(GⅢ)は5~9番人気が(4-8-3-35)と注穴場の健闘が目立つレースです。また、前走のレース別でみてみるとエリザベス女王杯が(3-0-0-1)、阪神Cが(1-0-4-7)、ニューイヤーSが(1-3-1-13)と複勝率が高めで、血統別にみてみるとサンデーサイレンス系が(7-7-6-56)、ロベルト系が(2-1-1-10)と好走しています。東京新聞杯(GⅢ)は『5~9番人気』、『前走エリザベス女王杯、阪神C、ニューイヤーS』、『サンデーサイレンス系、ロベルト系』が好走馬を探す3つのキーワードですね。それでは過去のデータから消し馬を探していきましょう。

①前走OP特別以下戦に出走し、10着以下だった馬は(0-0-0-11)です。
【該当馬】
エメラルファイトショウナンライズ

②前走OP特別以下戦に出走し、4番人気以下だった馬は(0-0-0-26)です。
【該当馬】
エメラルファイトサトノウィザードショウナンライズトライン

③前走0.6秒以上の差をつけられて敗退した馬は(1-2-4-59)ですが、このうち前走G3以下戦に出走し1.0秒以上の差をつけられて大敗した馬は(0-0-0-23)です。
【該当馬】
エメラルファイトカテドラルサトノアーサーショウナンライズニシノデイジーロードマイウェイ

④前走0.6秒以上の差をつけられて敗退した馬は(1-2-4-59)ですが、このうち7歳以上の馬は(0-0-0-23)です。
【該当馬】
サトノアーサーショウナンライズダイワキャグニープロディガルサン

⑤前走G3以下戦に出走し、10番人気以下だった馬は(0-0-0-22)です。
【該当馬】
エメラルファイトエントシャイデンショウナンライズ

Advertisement

本日の消し馬データをクリアした馬は7頭(全18頭)です。さらに冒頭のべた3つのキーワードも考慮するとサムシングジャスト、シャドウディーヴァ、ヴァンドギャルド、ヴェロックスあたりに注目していきたいと思います。とりあえず本日時点での本命候補は変更せずヴァンドギャルドのままとします。