第45回エリザベス女王杯(GⅠ)攻略データ(1)

第45回エリザベス女王杯(GⅠ)攻略データ(1)

今年のエリザベス女王杯(GⅠ)は阪神競馬場・芝・右・外2200mで行われます。このコースは外回り4コーナー出口からスタートし、1コーナーまでの距離が525mと長く、スタートが下り坂ということで前半は速いラップになりやすいです。ただし、向う正面からはペースが落ち着き、全体を通してはゆったりとした流れになります。前が快調に飛ばすと縦長になりやすいのも特徴です。内回りのため、瞬発力よりも長くいい脚を使う持続力勝負となる傾向で、スピードの出る前半でタメて、後半で前の馬よりもさらに長い脚を使うことが要求される差し馬は展開が不利です。後方一気も殆ど決まらず、スピードを持続できる先行馬を狙うのがセオリーです。それでは過去10年で3着以内に好走した全30頭が該当するデータを元に好走しそうな馬を探していきます。

①同年に古馬牡馬混合の芝2000m以上の別定G2以上で3着以内(G2なら連対)、かつ過去に京都芝1600m以上のG1で連対
18年 1番人気3着モズカッチャン(札幌記念 3着/17年エリザベス女王杯 1着)
17年 3番人気3着ミッキークイーン(宝塚記念 3着/15年秋華賞 1着)
15年 1番人気2着ヌーヴォレコルト(オールカマー 2着/14年エリザベス女王杯 2着)
14年 3番人気1着ラキシス(オールカマー 2着/13年エリザベス女王杯 2着)
11年 1番人気1着スノーフェアリー(英チャンピオンS 3着/10年エリザベス女王杯 1着)

【該当馬】
ラッキーライラック

②同年の秋華賞で僅差の好走、かつ芝1600m以上の重賞で1着もしくはGⅠで連対
17年 5番人気1着モズカッチャン(秋華賞 3着/オークス 2着ほか)
15年 4番人気3着タッチングスピーチ(秋華賞 6着 ※0.3秒差/ローズS 1着)
14年 1番人気2着ヌーヴォレコルト(秋華賞 2着/オークス 1着)
13年 2番人気1着メイショウマンボ(秋華賞 1着/オークス 1着)
12年 1番人気2着ヴィルシーナ(秋華賞 2着/オークス 2着)
11年 2番人気2着アヴェンチュラ(秋華賞 1着/クイーンS 1着)
10年 1番人気3着アパパネ(秋華賞 1着/オークス 1着ほか)

【該当馬】
該当馬なし

③京都芝2000m以上のGⅠを含み過去にGⅠを2勝以上
16年 2番人気3着ミッキークイーン(15年秋華賞/オークス 1着)
11年 4番人気3着アパパネ(10年秋華賞 1着/オークス 1着)

【該当馬】
ラッキーライラック

④過去に芝・ダ2000m以上の古馬混合GⅠで連対
19年 7番人気2着クロコスミア(18年エリザベス女王杯 2着ほか)
18年 9番人気2着クロコスミア(17年エリザベス女王杯 2着)
10年 4番人気1着スノーフェアリー(ヨークシャーオークス 2着)

【該当馬】
ラッキーライラック

⑤同年6月以降に芝1800m以上の古馬混合重賞で3着以内
19年 3番人気1着ラッキーライラック(府中牝馬S 3着)
18年 3番人気1着リスグラシュー(府中牝馬S 2着)
17年 9番人気2着クロコスミア(府中牝馬S 1着)
16年 3番人気1着クイーンズリング(府中牝馬S 1着)
15年 6番人気1着マリアライト(マーメイドS 2着)
14年 6番人気3着ディアデラマドレ(府中牝馬S 1着)
10年 2番人気2着メイショウベルーガ(京都大賞典 1着)

【該当馬】
サトノガーネットサムシングジャストサラキアシャドウディーヴァセンテリュオノームコアラヴズオンリーユーラッキーライラックリュヌルージュ

⑥同年にOPクラス以上の芝2200m以上で1着
19年 1番人気11ラヴズオンリーユー(優駿牝馬 1着)

【該当馬】
ウラヌスチャームセンテリュオ

⑦同年7月以降に1000万クラス以上の芝2000m以上で1着
13年 6番人気2着ラキシス(鳴滝特別 1着)
13年 5番人気3着アロマティコ (佐渡S 1着)
12年 7番人気1着レインボーダリア(五稜郭S 1着)
12年 5番人気3着ピクシープリンセス(1000万下 1着)

【該当馬】
ウラヌスチャームセンテリュオソフトフルートノームコアリアアメリアリリーピュアハート

⑧過去にG2以上の芝2000m以上で1着
16年 12番人気2着シングウィズジョイ(フローラS 1着)

【該当馬】
ウインマリリンセンテリュオノームコアラヴズオンリーユーラッキーライラックリアアメリア

Advertisement

本日の3着内に好走しそうなデータをクリアした馬は14頭(全19頭)です。半数以上の馬が該当しましたが、この中でもラッキーライラック、センテリュオ、ノームコアあたりが面白いかなと考えています。とりあえず現時点での本命候補はラッキーライラックとしておきます。