第10回みやこステークス(GⅢ)攻略データ(1)

第10回みやこステークス(GⅢ)攻略データ(1)

今年のみやこステークス(GⅢ)は京都競馬場改修工事の影響により、阪神競馬場・ダート・右1800mで行われます。このコースはスタンド前直線にある上り坂の手前からスタートし、1コーナーまでの距離は303mあります。コースの形状からは、各場のポジションが定まる前に1コーナーに入るため、内枠の馬は揉まれてしまうケースが見られます。逃げ・先行馬が有利と言われていますが、直線の坂のためか京都ダート1800mに比べて、全体時計、上りともかかります。早めに前を取りたい馬が殺到してオーバーペースになると差し馬が飛んでくることもあり、逆にペースが緩みすぎるとマクリも決まることもあります。レース前半のペース、ポジショニングの推理は重要です。それでは過去10年で3着以内に好走した全30頭が該当すデータを元に好走しそうな馬を探していきます。
※2018年は開催なし。※2009年はドパーズSのデータを利用

①前走ダート1600m以下の重賞に出走、かつ同年にダート1800m以上の重賞で3着以内
11年 1番人気1着エスポワールシチー(南部杯 4着/帝王賞 2着)
09年 4番人気1着シルクメビウス(武蔵野S 8着/ジャパンダートダービー 2着)

【該当馬】
ワイドファラオ

②前走1700~1800m以外の距離のダート戦に出走、かつ過去にダート1800m以上のG2以上で5着以内
15年 6番人気2着カゼノコ(ブラジルC 7着/14年ジャパンダートダービー 1着ほか)
15年 4番人気3着ローマンレジェンド(平安S 3着/14年チャンピオンズC 3着ほか)
14年 9番人気2着ランウェイワルツ(ブラジルC 2着/ジャパンダートダービー 5着)
13年 1番人気3着ローマンレジェンド(帝王賞 6着/ジャパンカップダート 4着)
12年 3番人気2着ニホンピロアワーズ(白山大賞典 1着/東海S 2着ほか)

【該当馬】
エイコーン

③前走1000万クラス以上の京都ダート1800mで連対
19年 7番人気1着ヴェンジェンス(太秦S 2着)
11年 4番人気2着トウショウフリーク(京都クラウンP 1着)
09年 1番人気2着アドバンスウェイ(観月橋S 1着)

【該当馬】
エアアルマスベストタッチダウン

④前走1600万クラス以上のダート1400m以上で1着
17年 9番人気2着ルールソヴァール(夏至S 1着)
16年 1番人気2着グレンツェント(レパードS 1着)
14年 2番人気1着インカンテーション(ラジオ日本賞 1着)
12年 1番人気1着ローマンレジェンド(エルムS 1着)
12年 5番人気3着ホッコータルマエ (レパードS 1着)
10年 1番人気2着キングスエンブレム(シリウスS 1着)

【該当馬】
エアアルマスベストタッチダウン

⑤同年にOPクラスのダート1700m以上で5着以内、かつ過去に1000万クラス以上の京都ダート1800mで1着
17年 2番人気1着テイエムジンソク(エルムS 2着/東大路S 1着ほか)
16年 7番人気3着ロワジャルダン(東海S 3着ほか/15年みやこS 1着)
11年 5番人気3着ニホンピロアワーズ(白山大賞典 2着/祇園S 1着)
09年 8番人気3着トーセンアーチャー(マーチS 4着/観月橋S 1着)

【該当馬】
エアアルマスエイコーンベストタッチダウン

⑥同年にダート1700m以上の重賞で3着以内
16年 4番人気1着アポロケンタッキー(シリウスS 3着)
14年 4番人気3着ナムラビクター(アンタレスS 1着ほか)
13年 2番人気1着ブライトライン(エルムS 3着)
13年 7番人気2着インカンテーション(レパードS 1着)
10年 2番人気1着トランセンド(東海S 2着ほか)

【該当馬】
ウェスタールンドエアアルマスエイコーンクリンチャースワーヴアラミスナムラカメタロー

⑦同年にOPクラスのダート1700m以上で5着以内
19年 10番人気2着キングズガード(シリウスS 5着)
19年 6番人気3着ウェスタールンド(アンタレスS 4着)
15年 7番人気1着ロワジャルダン(ブラジルC 4着)
10年 9番人気3着サクラロミオ(シリウスS 4着)

【該当馬】
ウェスタールンドエアアルマスエイコーンクリンチャースワーヴアラミスナムラカメタローヒストリーメイカーベストタッチダウンワイドファラオ

⑧前走南部杯で3着内
17年 3番人気3着キングズガード(南部杯 3着)

【該当馬】
該当馬なし

Advertisement

本日の3着内に好走しそうなデータをクリアした馬は9頭(全11頭)。殆どの馬が該当しましたが、この中でもエイコーン、エアアルマス、ベストタッチダウンあたりに注目していこうと思います。とりあえず現時点での本命候補はエアアルマスとしてきます。