第65回朝日杯フューチュリティステークス(GⅠ)攻略データ(2)

うまぶろぐ攻略データ

朝日杯フューチュリティステークス(GⅠ)は5番人気以内の馬が(9-8-8-25)と人気上位馬が圧倒的な成績を残しています。前走のクラス別でみてみるとG3戦出走馬が(5-3-2-17)、G2戦出走馬が(3-6-4-41)と重賞戦出走馬が圧倒的な成績を残しています。前走の着順では1着馬が(7-5-7-63)、2着馬が(0-3-3-20)、3着馬が(1-1-0-7)と前走好走馬がここでも好走しています。朝日杯フューチュリティステークス(GⅠ)は『5番人気以内』、『前走重賞戦』、『前走1~3着馬』が好走馬を探す3つのキーワードですね。それでは過去のデータから消し馬を探していきましょう。

①前走4着以下の関西馬は(0-0-0-23)です。
【該当馬】
テイエムキュウコーマイネルディアベル

②前走1200m戦出走馬は(0-0-0-19)です。
【該当馬】
エルカミーノレアル

③前2走とも走ダート戦出走馬は(0-0-0-18)です。 ※レコード勝ち馬は除く
【該当馬】
アジアエクスプレスニシノデンジャラス

④1400m以上の芝戦で1着がなく、前走10月以降の1200m以下戦出走馬は(0-0-0-37)です。 ※前走4馬身以上の圧勝馬を除く
【該当馬】
エルカミーノレアル

⑤前走11月以降戦10着以下の馬は(0-0-0-14)です。
【該当馬】
テイエムキュウコー

⑥前走1800m以上の重賞戦で敗退、勝っても1馬身未満の馬は(0-0-0-13)です。 ※右回り芝戦2連対以上の馬は除く
【該当馬】
サトノロブロイ

⑦2ヵ月以上の休養馬のうち、前走芝(良・やや重)戦敗退、勝っても半馬身未満の辛勝馬は(0-0-0-15)です。
【該当馬】
アトム

⑧5馬身以上の圧勝ができなかったキャリア1戦馬は(0-0-0-13)です。
【該当馬】
グリサージュ

[adchord]

本日の消し馬データをクリアした馬は8頭(全16頭)です。この8頭のうち7頭は攻略データ(1)もクリアしており、さらに冒頭で述べた3つのキーワードも考慮するとプレイアンドリアル、ベルカントの2頭が良さげです。たぶん1~2番人気になると思いますが、この2頭を中心に最終予想をしていきたいと思います。

タイトルとURLをコピーしました