第55回京都大賞典(GⅡ)攻略データ(2)

第55回京都大賞典(GⅡ)攻略データ(2)

京都大賞典(GⅡ)は1番人気が(3-1-2-4)、2番人気が(2-1-3-4)と上位人気馬の信頼度は高いです。また、前走のレースでみてみると宝塚記念が(5-1-5-11)、天皇賞(春)が(0-2-2-7)と複勝率が高く、年齢別にみてみると4歳馬が(3-5-2-17)、5歳馬が(5-4-3-23)と活躍しています。京都大賞典(GⅡ)は『1~2番人気』、『前走宝塚記念、天皇賞(春)』、『4~5歳馬』が好走馬を探す3つのキーワードですね。それでは過去のデータから消し馬を探していきましょう。

①前走G3以下戦に出走し、3番人気以下かつ5着以下だった馬は(0-0-0-18)です。
【該当馬】
タイセイトレイルノーブルマーズリッジマンアイスバブルミスマンマミーア

②前走G3以下戦出走馬は(4-3-2-43)ですが、このうち前走1秒以上の差をつけられて敗退した馬は(0-0-0-17)です。
【該当馬】
ノーブルマーズリッジマンアイスバブル

③前走G3以下戦出走馬は(4-3-2-43)ですが、このうち前走3着以下の今回中9週以上の馬は(0-0-0-13)です。
【該当馬】
リッジマンバイオスパーク

④今回斤量増の馬は(1-2-2-19)ですが、このうち今回2キロ以上増の馬は(0-0-0-9)です。
【該当馬】
ドゥオーモミスマンマミーアキングオブコージ

⑤今回斤量増の馬は(1-2-2-19)ですが、このうち前走非重賞戦敗退馬は(0-0-0-4)です。
【該当馬】
タイセイトレイルミスマンマミーア

⑥今回距離短縮馬は(1-4-2-29)ですが、このうち関東馬は(0-0-0-7)です。
【該当馬】
モンドイントロ

Advertisement

本日の消し馬データをクリアした馬は8頭(全17頭)です。この8頭のうち攻略データ(1)もクリアしているのは5頭です。さらに冒頭のでべた3つのキーワードも考慮するとキセキ、グローリーヴェイズがデータ的には一歩リードといったところでしょうか。とりあえず現時点での本命候補は変更せずキセキのままとしておきます。