第34回産経賞セントウルステークス(GⅡ)攻略データ(1)

第34回産経賞セントウルステークス(GⅡ)攻略データ(1)

セントウルステークス(GⅡ)は阪神競馬場・芝・右1200mで行われます。このコースは向う正面半ばからスタートし、3コーナーまでの距離は243mあります。内回りコースでコーナーまでの距離が短いため、枠は内が有利と言われています。ただし、揉まれやすい最内枠はマイナスです。スタート直後から緩やかな下りで、残り900mあたりから勾配が増し、直線半ばまで下りが続きます。ゴール前の直線は350mで、残り200m付近から上りの急坂が待っています。スタートから坂を下ってくるため、勢いのついた逃げ、先行馬がそのまま押し切るパターンが多く、特にAコースは逃げ切りも多いです。それでは過去10年で3着以内に好走した全30頭が該当するデータを元に好走しそうな馬を探していきます。

①同年6月以降に芝1000~1200mの重賞で3着以内
19年 1番人気1着タワーオブロンドン(キーンランドC 2着ほか)
18年 2番人気2着ラブカンプー(北九州記念 3着ほか)
17年 6番人気2着ラインミーティア(アイビスSD 1着)
16年 3番人気2着ネロ(アイビスSD 2着)
16年 9番人気3着ラヴァーズポイント(CBC賞 2着)
15年 1番人気2着ウリウリ(CBC賞 1着)
14年 4番人気1着リトルゲルダ(北九州記念 1着)
14年 2番人気2着エピセアローム(CBC賞 2着)
13年 2番人気1着ハクサンムーン(アイビスSD 1着ほか)
12年 6番人気1着エピセアローム(北九州記念 3着)
12年 1番人気2着ロードカナロア(函館スプリントS 2着)
11年 2番人気1着エーシンヴァーゴウ(北九州記念 3着ほか)
11年 1番人気2着ダッシャーゴーゴー(CBC賞 1着)
10年 4番人気1着ダッシャーゴーゴー(CBC賞 2着)
10年 5番人気3着メリッサ(北九州記念 1着)

【該当馬】
ラブカンプー

②同年6月以降にOPクラスの芝1000~1200mで1着
15年 5番人気1着バーバラ(バーデンバーデンC 1着)

【該当馬】
トゥラヴェスーララブカンプー

③過去に阪神芝1200m以上の重賞で連対
19年 3番人気3着イベリス(19年アーリントンC 1着)
18年 1番人気1着ファインニードル(17年セントウルS 1着)
14年 1番人気2着ハクサンムーン(13年セントウルS 1着)
13年 1番人気2着ロードカナロア(13年 阪急杯 1着)
12年 12番人気3着アンシェルブルー(11年 阪神牝馬S 2着)

【該当馬】
クリノガウディーノーワンミスターメロディラブカンプー

④同年に芝1200mのGⅠで好走
16年 1番人気1着ビッグアーサー(高松宮記念 1着)
13年 3番人気3着ドリームバレンチノ(高松宮記念 2着 ※0.2秒差)
10年 2番人気2着グリーンバーディー(クリスフライヤーインターナショナルスプリント 1着)

【該当馬】
クリノガウディーシヴァージ

⑤同年にOPクラスの芝1200m~1600mで連対
17年 4番人気3着ダンスディレクター(シルクロードS 1着)
15年 10番人気1着アクティブミノル(ファルコンS 2着)
11年 5番人気2着ラッキーナイン(香港クラシックマイル 1着)

【該当馬】
シヴァージタイセイアベニールダノンスマッシュトゥラヴェスーラビアンフェメイショウキョウジラヴィングアンサーラブカンプー

⑥前走北九州記念で5着内
18年 7番人気3着グレイトチャーター(北九州記念 4着)
17年 1番人気1着ファインニードル(北九州記念 5着)

【該当馬】
クライムメジャー

⑦過去に芝1400m以下の重賞で1着
19年 7番人気2着ファンタジスト(京王杯2歳S 1着ほか)

【該当馬】
キングハートセイウンコウセイダノンスマッシュノーワンビアンフェミスターメロディラブカンプー

Advertisement

本日の3着内に好走しそうなデータをクリアした馬は14頭(全17頭)です。多くの馬が該当しましたが、その中でもラブカンプー、トゥラヴェスーラ、クリノガウディー、ノーワン、ミスターメロディ、シヴァージ、ダノンスマッシュ、ビアンフェあたりに注目していきたいと思います。正直今年のセントウルSはレベルが低いなと思っていますが、とりあえず現時点での本命候補はダノンスマッシュとしておきます。