第49回金鯱賞(GⅡ)攻略データ(1)

第49回金鯱賞(GⅡ)攻略データ(1)

金鯱賞(GⅡ)は1番人気が(6-2-0-2)と期待に応えています。前走のクラス別でみてみるとG3戦が(3-4-1-33)、G2戦が(3-3-1-21)、G1戦が(2-2-4-15)と前走重賞組が好成績を残しています。また、前走の着順でみてみると掲示板の馬が(7-5-4-40)とまずまずの結果を残しています。金鯱賞(GⅡ)は『1番人気』、『前走重賞戦』、『前走掲示板』が好走馬を探す3つのキーワードですね。それでは過去のデータから消し馬を探していきましょう。

①前3走内にG2以下芝戦に斤量56キロ以下で出走し、10着以下かつ1秒以上の差をつけられての大敗がある馬は(0-0-0-44)です。
【該当馬】
ダノンスパシーバメイショウナルトロードオブザリング

②前3走内にG3以下戦に出走し、10着以下が2回以上ある馬は(0-0-0-22)です。
【該当馬】
ダノンスパシーバフミノヤマビコフラガラッハ

③前4走内に10着以下が3回以上ある馬は(0-0-0-20)です。
【該当馬】
スピードリッパートゥザグローリー

④2000m戦の着外が6回以上ある5歳以上の馬で、前3走内にG3戦3着内、または1800・2000m戦合算で6勝以上の馬を除くと(0-0-0-40)です。
【該当馬】
ダノンスパシーバロードオブザリング

⑤1800・2000m戦ともに未勝利の馬は(0-0-0-10)です。
【該当馬】
ウインドジャズ

Advertisement

本日の消し馬データをクリアした馬は6頭(全14頭)です。冒頭で述べた3つのキーワードも考慮するとウインバリアシオンが抜け出ている感じですね。個人的には3つの考えを持って予想しようと考えています。その3つとは開幕週なので『内の先行馬』、最後の直線が400m以上あるので『上り平均の速い馬』、中京競馬場は洋芝を使用しているので『洋芝実績』です。これに該当する馬を探しだし最終予想をしていきたいと思います。