第56回農林水産省賞典新潟記念(GⅢ)攻略データ(1)

第56回農林水産省賞典新潟記念(GⅢ)攻略データ(1)

新潟記念(GⅢ)は新潟競馬場・芝・左・外2000mで行われます。このコースは2000m外回りのコースで、内回り1400mと同じ地点からスタートします。3コーナーまでの距離は948mと長く、3~4コーナーはスパイラルカーブでやや緩やかな下り坂となります。日本最長を誇る659mの直線はほぼフラットなっています。道中のラップは1800mと似ていて最初の1ハロンをゆっくり入ってその後ペースが上がり、中盤でペースが緩んで、最後の直線は瞬発力勝負となります。そうなると逃げ馬や力のない先行馬は苦しく、瞬発力に秀でた差し馬が有利と言われています。それでは過去10年で3着以内に好走した全30頭中29頭が該当するデータを元に好走しそうな馬を探していきます。

①同年6月以降にOPクラスの芝1800mで連対
17年 1番人気2着アストラエンブレム(エプソムC 2着)
15年 9番人気2着マイネルミラノ(巴賞 1着)

【該当馬】
ウインガナドル

②近2走以内に1000万~準OPクラスの芝1800m以上で1着、かつ過去にOPクラスの芝1800m以上で3着以内
16年 2番人気1着アデイインザライフ(常総S 1着/弥生賞 3着ほか)
14年 5番人気2着クラウンモンタナ(マレーシアC 1着/すみれ賞 2着)
10年 5番人気1着ナリタクリスタル(釜山S 1着/小倉大賞典 2着)

【該当馬】
ウインガナドル

③過去1年以内に芝2000mの重賞で1着
18年 6番人気2着メートルダール(中日新聞杯 1着)
17年 6番人気1着タツゴウゲキ(小倉記念 1着)
16年 1番人気1着アルバートドック(七夕賞 1着)
14年 1番人気1着マーティンボロ(中日新聞杯 1着)
12年 7番人気1着トランスワープ(函館記念 1着)
12年 8番人気3着アスカクリチャン(七夕賞 1着)
11年 5番人気1着ナリタクリスタル(中京記念 1着)
11年 3番人気3着セイクリッドバレー(新潟大賞典 1着)

【該当馬】
アールスターサトノガーネット

④同年にOPクラスの芝2000mで3着以内
19年 8番人気3着カデナ(小倉記念 2着ほか)
13年 8番人気2着エクスペディション(鳴尾記念 2着)
10年 4番人気3着サンライズベガ(七夕賞 3着)

【該当馬】
アールスターインビジブルレイズサトノガーネットブラヴァスプレシャスブルーワーケア

⑤過去に準OPクラス以上の新潟芝1600m以上で3着以内
16年 9番人気3着ロンギングダンサー(15年新潟競馬場開設50周年記念 1着)
15年 6番人気1着パッションダンス(13年新潟記念 1着)
15年 13番人気3着ファントムライト(14年レインボーステークス 2着)
13年 10番人気1着コスモネモシン(11年福島牝馬S 2着)※新潟開催
11年 9番人気2着サンライズベガ(新潟大賞典 3着)
10年 10番人気2着トウショウシロッコ (08年新潟記念 3着)

【該当馬】
アクートウインガナドルカデナサトノダムゼルジナンボープレシャスブルーポポカテペトルメートルダール

⑥過去に1000万クラス以上の新潟芝2000mで1着
13年 7番人気3着ファタモルガーナ(12年信濃川特別 1着)

【該当馬】
アクート

⑦同年に芝1800m以上の重賞で3着以内
19年 2番人気ユーキャンスマイル(ダイヤモンドS 1着)
18年 1番人気ブラストワンピース(毎日杯 1着)
17年 12番人気3着カフジプリンス(ダイヤモンドS 3着)
14年 3番人気3着ラストインパクト(小倉大賞典 1着)

【該当馬】
アイスバブルアールスターカデナサトノガーネットジナンボーブラヴァスプレシャスブルーリープフラウミルヒワーケア

⑦前走準OPクラス以上の芝2000mで1着
19年 6番人気ジナンボー(ジューンS 1着)

【該当馬】
アールスター

⑧過去に芝2000mの重賞で連対
12年 9番人気タッチミーノット (19年七夕賞 2着)

【該当馬】
アールスターカデナサトノガーネットサトノクロニクルジナンボーブラヴァスメートルダールワーケア

Advertisement

本日の3着以内に好走しそうなデータをクリアした馬は15頭(全21頭)です。多くの馬がクリアしましたが、この中でもアールスター、サトノガーネット、ウインガナドル、ブラヴァス、プレシャスブルー、ワーケア、カデナ、ジナンボーあたりに注目していきたいと思います。とりあえず現時点での本命候補はブラヴァスとしておきます。