第30回マイルチャンピオンシップ(GⅠ)攻略データ(1)

第30回マイルチャンピオンシップ(GⅠ)攻略データ(1)

マイルチャンピオンシップ(GⅠ)は京都競馬場・芝・右・外1600mで行われます。このコースの特徴は向う正面直線を2コーナー側に延長したポケットからスタートします。3コーナーまでの直線距離が712mと長く、直線競馬のように出たなりで横広の状態のまま先行争いになり、ペースは速めになります。

芝のマイル戦は逃げ切りが難しいと言われていますが、京都外回りは特に差し馬有利といわれているコースです。最後の直線に向いた時に馬群がバラけ、内ラチが開くので、後続馬が抜け出しやすいのも特徴です。直線は平坦で403mありますので、差しきるには十分な距離ですね。それでは過去10年で3着以内に好走した全30頭中29頭が該当するデータを元に好走しそうな馬を探していきます(競馬最強の法則を参考)。

①同年に芝1200m以上の重賞で1着、かつ芝1200m以上のG1で0.5秒差以内
12年 1番人気2着グランプリボス(スワンS 1着/安田記念 2着 ※0.0秒)
12年 5番人気3着ドナウブルー(関屋記念 1着ほか/ヴィクトリアマイル 2着 ※0.1秒)
11年 11番人気2着フィフスペトル(京成杯AH 1着/スプリンターズS 6着 ※0.5秒)
11年 4番人気3着サプレザ(サンチャリオットS 1着/ジャックルマロワ賞 3着 ※0.2秒)
10年 13番人気1着エーシンフォワード(阪急杯1着/高松宮記念 3着 ※0.0秒)
09年 1番人気1着カンパニー(毎日王冠 1着ほか/天皇賞秋 1着)
08年 4番人気1着ブルーメンブラット(府中牝馬S 1着/ヴィクトリアマイル 3着 ※0.1秒)
08年 1番人気2着スーパーホーネット(毎日王冠 1着ほか/高松宮記念 5着 ※0.3秒)
08年 10番人気3着ファイングレイン(シルクロードS 1着/高松宮記念 1着)
07年 5番人気3着スズカフェニックス(東京新聞杯 1着/高松宮記念 1着)
06年 1番人気1着ダイワメジャー(毎日王冠 1着/天皇賞秋 1着)
06年 3番人気2着ダンスインザムード(ヴィクトリアマイル 1着/天皇賞秋 6着 ※0.5秒)
05年 3番人気1着ハットトリック(京都金杯 1着ほか/天皇賞秋 7着 ※0.4秒)
05年 4番人気2着ダイワメジャー(ダービー卿CT 1着/安田記念 8着 ※0.5秒)
05年 2番人気3着ラインクラフト(NHKマイルC 1着/桜花賞 1着)
04年 4番人気2着ダンスインザムード(桜花賞 1着/天皇賞秋 2着 ※0.2秒)
04年 5番人気3着テレグノシス(毎日王冠 1着/安田記念 2着 0.0秒)

【該当馬】
グランプリボスコパノリチャードサクラゴスペルダノンシャークトーセンラーマイネイサベル

②同年に芝1200m以上の古馬混合G1で1着
09年 2番人気3着サプレザ(サンチャリオットS 1着)
07年 1番人気1着ダイワメジャー(安田記念 1着)
03年 5番人気1着デュランダル(スプリンターズS 1着)

【該当馬】
該当馬なし

③過去に京都のG1で1着
04年 1番人気1着デュランダル(03年マイルCS 1着)
03年 2番人気2着ファインモーション(02年エリザベス女王杯 1着ほか)

【該当馬】
サダムパテック

④同年に芝1400m以上の古馬混合G2で1着
12年 4番人気1着サダムパテック(京王杯SC 1着)
07年 4番人気2着スーパーホーネット(スワンS 1着)
03年 10番人気3着ギャラントアロー(スワンS 1着)

【該当馬】
グランプリボスコパノリチャードダイワマッジョーレトーセンラー

⑤前走1600万クラス以上の芝1600m以上で1着
11年 5番人気1着エイシンアポロン(富士S 1着)
10年 1番人気2着ダノンヨーヨー(富士S 1着)
10年 6番人気3着ゴールスキー(清水S 1着)

【該当馬】
コパノリチャードダノンシャーク

⑥前走スワンSで連対
06年 8番人気3着シンボリグラン(スワンS 2着)

【該当馬】
コパノリチャードダイワマッジョーレ

Advertisement

本日の3着以内に好走しそうなデータをクリアした馬は8頭(全20頭)でした。本日のデータのみで評価するとコパノリチャードが良さげです。脚質が逃げで今回同型馬が数頭おり、マイル戦で逃げ切れるかが課題ですね。あと気になるのはダノンシャークですが、前走馬体重がマイナス12キロで出走しているので馬体重には注意が必要かもしれません。