第51回アルゼンチン共和国杯(GⅡ)攻略データ(1)

第51回アルゼンチン共和国杯(GⅡ)攻略データ(1)

アルゼンチン共和国杯(GⅡ)は東京競馬場・芝・左2500mで行われます。スタート地点はスタンド前直線の坂下からで上りスタートとなり、1コーナーまでの直線距離は450mあります。速いペースで淡々と行くが、上りの速くなるポイントが芝2400mよりやや後ろにずれ、レース内容自体は結構レベルの高いものとなります。また、距離の割にはペースが速くなるので逃げ馬はまず逃げ切れません。人気にかかわらず差し馬中心に予想するのが的中への近道ですね。それでは過去10年で3着以内に好走した全30頭が該当するデータを元に好走しそうな馬を探していきます(競馬最強の法則を参考)。

①同年に芝2400~2500mのG2以上で3着以内
11年 1番人気2着オウケンブルースリ(京都大賞典 3着)
09年 11番人気1着ミヤビランベリ(目黒記念 1着)
08年 1番人気3着アルナスライン(目黒記念 2着)
06年 1番人気1着トウショウナイト(京都大賞典 3着)
06年 2番人気2着アイポッパー(目黒記念 2着)
05年 3番人気1着サクラセンチュリー(日経新春杯 1着)
05年 14番人気2着マーブルチーフ(日経新春杯 2着)
05年 2番人気3着コイントス(京都大賞典 2着)
04年 2番人気1着レニングラード(京都大賞典 3着)

【該当馬】
ルルーシュ

②前走準OPクラス以上の東京芝1800m以上で連対
12年 3番人気2着ムスカテール(オクトーバーS 1着)
10年 1番人気1着トーセンジョーダン(アイルランドT 1着)
08年 3番人気1着スクリーンヒーロー(オクトーバーS 2着)
08年 2番人気2着ジャガーメイル(オクトーバーS 1着)
07年 9番人気3着リキアイサイレンス(オクトーバーS 1着)

【該当馬】
ホッコーブレーヴ

③過去に東京芝2400m以上の重賞で連対
07年 10番人気2着トウカイトリック(ダイヤモンドS 1着)
03年 7番人気1着アクティブバイオ(02年目黒記念 2着)

【該当馬】
アドマイヤラクティイケドラゴントウカイトリックムスカテールルルーシュ

④前走1000万クラス以上の芝2000m以上で連対
12年 6番人気3着マイネルマーク(本栖湖特別 1着)
11年 8番人気3着カワキタコマンド(アイルランドT 2着)
11年 3番人気1着トレイルブレイザー(古都S 2着)
10年 9番人気3着コスモヘレノス(本栖湖特別 1着)
09年 4番人気2着アーネストリー(大原S 1着)
07年 2番人気1着アドマイヤジュピタ(鳴滝特別 1着)
06年 6番人気3着ドラゴンキャプテン(本栖湖特別 1着)
04年 8番人気2着テンジンムサシ(南武特別 1着)
04年 3番人気3着スーパージーン(オールカマー 2着)
03年 1番人気2着ナチュラルナイン(札幌日経OP 1着)

【該当馬】
エックスマークサイモントルナーレシゲルササグリスーサングレートホッコーブレーヴメイショウナルト

⑤同年に1000万クラス以上の芝2500m以上で3着以内
12年 2番人気1着ルルーシュ(札幌日経OP 1着)
10年 2番人気2着ジャミール(阪神大賞典 2着)
09年 10番人気3着ヒカルカザブエ(阪神大賞典 2着)
03年 8番人気3着エリモシャルマン(御堂筋S 1着)

【該当馬】
アドマイヤラクティサイモントルナーレセイカプレストデスペラードマイネルマークムスカテールルルーシュ

Advertisement

本日の3着内に好走しそうなデータをクリアした馬は14頭(全22頭)です。ハンデ戦でもあるので斤量も気になるところですが、とりあえず本日のデータのみで評価するとルルーシュ、ホッコーブレーヴ、アドマイヤラクティ、ムスカテール、サイモントルナーレの5頭が良さげです。