第25回プロキオンステークス(GⅢ)攻略データ(1)

第25回プロキオンステークス(GⅢ)攻略データ(1)

プロキオンステークス(GⅢ)は阪神競馬場・ダート・左1400mで行われます。このコースはダート1200m戦のスタート地点からそのまま200m延長した芝のポケットからスタートします。3コーナーまでの距離は542mあり、スタートから芝を走るためテンのラップが速くなり、同じ阪神でも1200mより早いラップを刻むことが多々あります。逃げ・先行馬の成績は安定していますが、先行馬が早めに逃げ馬を潰しに行く展開になると、それを狙い澄ました差し馬が台頭します。枠は芝の部分を長く走れる外枠が有利を言われています。それでは過去10年で3着以内に好走した全30頭中29頭が該当するデータを元に好走しそうな馬を探していきます。

①同年にOPクラスのダート1400mで連対
19年 2番人気1着アルクトス(欅S 1着)
19年 4番人気3着ヴェンジェンス(天保山S 1着ほか)
18年 2番人気2着ウインムート(天保山S 1着ほか)
17年 5番人気1着キングズガード(天保山S 1着ほか)
17年 1番人気2着カフジテイク(根岸S 1着)
17年 6番人気3着ブライトライン(夢見月S 1着)
16年 1番人気1着ノボバカラ(かきつばた記念 1着ほか)
16年 3番人気2着ニシケンモノノフ(すばるS 1着)
16年 2番人気3着キングズガード(栗東S 1着)
15年 4番人気1着ベストウォーリア(かしわ記念 2着)
15年 2番人気2着コーリンベリー(かきつばた記念 1着ほか)
14年 1番人気1着ベストウォーリア(すばるS 1着)
14年 2番人気2着キョウワダッフィー(栗東S 1着ほか)
13年 2番人気1着アドマイヤロイヤル(欅S 1着)
13年 5番人気2着セイクリムズン(さいたま杯 2着)
13年 1番人気3着ダノンカモン(かきつばた記念 2着)
12年 4番人気2着アドマイヤロイヤル(欅S 2着)
12年 1番人気3着ファリダット(栗東S 1着)
11年 3番人気2着ダノンカモン(根岸S 2着)
10年 4番人気1着ケイアイガーベラ(ポラリスS 1着)
10年 2番人気2着サマーウインド(根岸S 2着)
10年 1番人気3着ナムラタイタン(欅S 1着)

【該当馬】
サクセスエナジースマートダンディーダノンフェイストップウイナーミッキーワイルドラプタスレッドルゼル

②過去1年以内に芝・ダ1400m以上の重賞で連対
18年 1番人気2着インカンテーション(17年武蔵野S 1着)
15年 8番人気3着キョウワダッフィー(14年プロキオンS 2着)

【該当馬】
サンライズノヴァデュープロセスミッキーワイルドヤマニンアンプリメラプタスワンダーリーデル

③同年にOPクラスのダ1000m以上で5着以内、かつ過去2年以内に3連勝以上の経験あり
11年 9番人気1着シルクフォーチュン(栗東S 4着/中山オータムPなど4連勝)
11年 1番人気3着ケイアイガーベラ(ポラリスS 3着/ポラリスSなど3連勝)

【該当馬】
トップウイナーヒラソールラプタス

④同年にダ1200m以上のG1で5着以内
18年 5番人気1着マテラスカイ(ドバイGS 5着)

【該当馬】
サンライズノヴァワンダーリーデル

⑤過去にダート1400mの重賞で連対
14年 10番人気3着ガンジス(13年サマーチャンピオン 2着ほか)

【該当馬】
カフジテイクサクセスエナジーサンライズノヴァデュープロセスミッキーワイルドヤマニンアンプリメラプタス

⑥前走3勝クラス(1600万下)のダート1400m戦で1着
19年 3番人気2着ミッキーワイルド(麦秋S 1着)

【該当馬】
該当馬なし

Advertisement

本日の3着内に好走しそうなデータをクリアした馬は13頭(全21頭)です。半数以上が該当しましたが、この中でもミッキーワイルド、ラプタス、サンライズノヴァあたりに注目していきたいです。とりあえず現時点での本命候補は先行力もあるラプタスとしておきます。