第48回デイリー杯2歳ステークス(GⅡ)攻略データ(1)

第48回デイリー杯2歳ステークス(GⅡ)攻略データ(1)

デイリー杯2歳ステークス(GⅡ)は1~3番人気が(7-7-5-11)と比較的上位人気馬が期待に応えています。前走のクラスでみてみると意外にも新馬戦が(3-3-2-13)、未勝利戦が(4-1-3-28)と善戦ており、レース間隔は中3週以上が(10-8-8-60)としっかりと休養をとっている馬が好走しています。デイリー杯2歳ステークス(GⅡ)は『1~3番人気』、『前走新馬・未勝利戦』、『中3週以上』が好走馬を探す3つのキーワードですね。それでは過去のデータから消し馬を探していきましょう。

①前走ダート戦に出走していた馬は(0-0-0-8)です。
【該当馬】
ツァーリ

②前2走とも1200m戦に出走し、2馬身以上の快勝がない馬は(0-0-0-17)です。 ※前2走内に重賞連対のある馬は除く
【該当馬】
キンシノキセキネロ

③前走6着以下で1秒以上の差をつけられて敗退した馬は(0-0-0-16)です。
【該当馬】
ジャックトマメノキネロマムラデール

④前走芝戦に出走し、1馬身以上の快勝がないキャリア1戦馬は(0-0-0-8)です。 ※2ヶ月以上の休養馬は除く
【該当馬】
アトムマユキ

⑤キャリア2戦以上で、芝未経験まはた未勝利の馬は(0-0-0-19)です。
【該当馬】
ツァーリ

⑥前走1800m芝(良・やや重)の非重賞戦に出走し、1分49秒5を切っていない馬は(0-0-0-7)です。
【該当馬】
プライマリーコード

Advertisement

本日の消し馬データをクリアした馬は7頭(全15頭)でした。さらに冒頭で述べた3つのキーワードも考慮すると、
アグネスドリームとオトコギマサムネの2頭が良さげです。また、小倉2歳S1着のホウライアキコ、新潟2歳S3着のピークトラムのすでに重賞戦で実績を残した馬も参戦してきます。今年は前走新馬・未勝利組が勝つのか、それとも重賞実績馬が勝つのか楽しみですね^^。