第61回神戸新聞杯(GⅡ)攻略データ(2)

第61回神戸新聞杯(GⅡ)攻略データ(2)

神戸新聞杯(GⅡ)は2007年から阪神(外)2400mに変更されてからの6年間のデータから使えるデータをチョイスしてみました。まず、1~3番人気の馬が(5-4-4-5)と人気馬の好走が目立つレースです。また、前走重賞戦に出走していた馬が(6-6-4-31)と圧倒的な結果を残しており、前走の着順が5着内の馬が(6-4-3-37)と前走5着以下の馬が勝つのは厳しいデータとなりました。神戸新聞杯(GⅡ)は『1~3番人気』、『前走重賞』、『前走5着内』が好走馬を探す3つのキーワードですね。それでは過去のデータから消し馬を探していきましょう。

①前走条件戦に出走し、2着以下だった馬は(0-0-0-19)です。
【該当馬】
ウインアルザスサトノノブレストーセンハルカゼバッドボーイ

②前走条件戦に出走し、2番人気以下だった馬は(0-0-0-37)です。
【該当馬】
カッパドキアソロルトーセンハルカゼバッドボーイプランスペスカマジェスティハーツヤマイチパートナー

③前走2500m以上戦に出走した馬は(0-0-0-9)です。
【該当馬】
ウインアルザスヒルノドンカルロプランスペスカヤマイチパートナー

④前3走内に非重賞戦に出走し、10着以下がある馬は(0-0-0-25)です。
【該当馬】
ウインアルザスカッパドキア

⑤3着以下が8回以上ある2勝以下の馬は(0-0-0-32)です。
【該当馬】
バッドボーイプランスペスカ

⑥前走G1戦3着内を除く1勝馬は(0-0-0-20)です。
【該当馬】
アクションスターカシノピカチュウバッドボーイ

⑦前2走とも1800m以上戦に出走し6着以下だった馬のうち、2000m以上戦で連対のない馬は(0-0-0-10)です。
【該当馬】
タマモベストプレイテイエムイナズマ

Advertisement

本日の消し馬データをクリアした馬は4頭です。この4頭のうち3頭が攻略データ(1)もクリアしており、さらに冒頭で述べた3つのキーワードも考慮すると、◎エピファネイア、〇ラストインパクト、▲ナリタパイレーツといったところでしょうか。実績的にはエピファネイアが抜けていますが、他はそれほど実力差は無いのかなと思います。今年も末脚勝負になるのでしょうかね。