第67回セントライト記念(GⅡ)攻略データ(1)

第67回セントライト記念(GⅡ)攻略データ(1)

ラジオ日本賞セントライト記念(GⅡ)は中山競馬場・芝・右・外2200mで行われます。このコースはスタンド前直線の端を拡張したポケットからスタートし、1コーナーまでの直線距離は432mあります。スパートは早め早めで、重賞ともなると3コーナーを境に残り900mからのスパートとなります。そのため距離以上にスタミナが要求されます。逃げ切りは難しく、逆にゴール前直線が短いので、後方一気も厳しいです。3~4コーナー中間までに番手集団またはその直後まで取り付けているのが必要条件となります。それでは過去10年で3着以内に好走した全30頭が該当するデータを元に好走しそうな馬を探していきます(競馬最強の法則を参考)。

①前走1000万クラス以上の芝・ダ2000m以上で連対、かつ過去に中山芝1800~2200mで1着
10年 4番人気1着クオークスター(ラジオNIKKEI賞2着/500万下 1着ほか)
10年 2番人気3着アロマカフェ(ラジオNIKKEI賞1着/山藤賞 1着)
09年 4番人気2着セイクリッドバレー(信濃川特別 1着/水仙賞 1着)
06年 4番人気2着トウショウシロッコ(天の川S 2着/未勝利 1着 ※中山芝2000)
04年 1番人気1着コスモバルク(北海優駿 1着 ※旭川ダ2100/弥生賞 1着)

【該当馬】
該当馬なし

②日本ダービーで5着以内
12年 1番人気1着フェノーメノ(日本ダービー 2着)
09年 2番人気1着ナカヤマフェスタ(日本ダービー 2着)
08年 1番人気2着マイネルチャールズ(日本ダービー 4着)

【該当馬】
アポロソニック

③同年にOPクラスの芝1800m以上で3着以内
11年 6番人気1着フェイトフルウォー(京成杯 1着)
11年 3番人気2着トーセンラー(きさらぎ賞 1着)
11年 1番人気3着サダムパテック(皐月賞 2着)
08年 5番人気3着ノットアローン(ラジオNIKKEI賞 2着)
07年 1番人気1着ロックドゥカンブ(ラジオNIKKEI賞 1着)
07年 2番人気2着ゴールデンダリア(プリンシパルS 1着)
07年 14番人気3着スクリーンヒーロー(ラジオNIKKEI賞 2着)
06年 12番人気1着トーセンシャナオー(プリンシパルS 3着ほか)
04年 2番人気2着ホオキパウェーブ(青葉賞 2着)
03年 3番人気1着ヴィータローザ(ラジオたんぱ賞 1着)
03年 4番人気3着チャクラ(京都新聞杯 2着)

【該当馬】
アポロソニックケイアイチョウサンヒラボクディープ

④過去に芝1400m以上の重賞で連対
05年 8番人気1着キングストレイル(京王杯2歳S 2着)

【該当馬】
アポロソニックケイアイチョウサンヒラボクディープ

⑤前走500万クラス以上の芝2000mで連対
05年 1番人気2着フサイチアウステル(九州スポーツ杯 1着)
05年 6番人気3着ピサノパテック(500万 1着 ※新潟芝2000m)

【該当馬】
バンデ

⑥前走1000万クラス以上の芝2200m以上で3着以内
10年 3番人気2着ヤマニンエブル(阿賀野川特別 1着)
09年 7番人気3着フォゲッタブル(阿賀野川特別 2着)
08年 9番人気1着ダイワワイルドボア(阿賀野川特別 3着)
03年 8番人気2着ニシノシンフォニー(松前特別 3着)

【該当馬】
アポロソニック

⑦同年5月以降に500万クラス以上の芝1800m以上で1着
12年 14番人気2着スカイディグニティ(500万 1着 ※福島芝2600m)
12年 4番人気3着ダノンジェラート(500万 1着 ※札幌 1800m)
06年 7番人気3着ミストラルクルーズ(500万 1着 ※東京芝2400m)
04年 9番人気3着トゥルーリーズン(ロベリア賞 1着)

【該当馬】
ケイアイチョウサンドラゴンレジェンドナンヨーケンゴーバンデヒロノプリンスユールシンギング

Advertisement

本日の3着以内に好走しそうなデータをクリアした馬は8頭です。今年は昨年よりメンバーのレベルが低い感じがしますが、やはりOP実績のある馬を中心に予想していくのが良さそうです。とりあえず本日のデータのみで評価するとアポロソニックが良さげです。昨年は本命が1着になったのは良かったのですが、2、3着がかすりもしなかったので今年はなんてしても的中させたいですね。