第49回農林水産省賞典小倉記念(GⅢ)攻略データ(2)

第49回農林水産省賞典小倉記念(GⅢ)攻略データ(2)

小倉記念(GⅢ)は5歳馬が(5-3-7-32)と好走していますが、7歳以上の馬も(3-1-1-34)と侮れません。馬齢で決めつけるのは厳禁ですね。枠でみてみると5枠より外枠が(7-6-6-64)と外目の枠がやや有利のようです。また、前走6~9着が(1-1-5-24)、10着以下が(3-1-0-39)と巻き返しにも注意が必要です。小倉記念(GⅢ)は『5歳馬』、『5枠より外』、『前走6着以下』が好走馬を探す3つのキーワードですね。それでは過去のデータから消し馬を探していきましょう。

①前2走ともG3以下戦に出走し5着以下、かつ0.5秒以上の差をつけられて敗退した馬は(0-0-0-38)です。
【該当馬】
オートドラゴンタムロスカイナリタクリスタル

②芝戦に8回以上出走し2勝以下の馬のうち、前走G3戦なら着外、OP戦なら3着以下、条件戦ならば敗退した馬は(0-0-0-22)です。
【該当馬】
ゲシュタルト

③芝戦に20回以上出走し、3勝以下の馬は(0-0-0-19)です。 ※前2走内1800m以上OP戦以上で3着内の馬は除く
【該当馬】
メイショウサミット

④前走芝非重賞戦に出走し、3着以下で0.2秒以上の差をつけられて敗退した馬は(0-0-3-34)です。このうち、今回斤量が3キロ以上軽減する馬を除くと(0-0-0-15)です。 ※前3走内にOP戦1着、重賞戦0.4秒内の好走馬は除く
【該当馬】
ゲシュタルトミキノバンジョー

⑤前3走ともG3以下戦に出走し、その3走内にOP戦6着以下で0.6秒以上の差をつけられて敗退歴ある、今回斤量55キロ以上の馬は(0-0-0-11)です。 ※前走G3戦連対馬は除く
【該当馬】
タガノエルシコ

Advertisement

本日の消し馬データをクリアした馬は8頭(全15頭)です。この8頭のうち6頭が攻略データ(1)をクリアしており、さらに冒頭で述べた3つのキーワードを考慮するとエクスペディション、セイクリッドセブン、ダコール、マイネルラクリマ、メイショウナルトの5頭が良さげです。この5頭のうち5枠より外枠に入った馬を狙ってみようかなと考えています。