第54回サンケイスポーツ杯阪神牝馬ステークス(GⅡ)攻略データ

第54回サンケイスポーツ杯阪神牝馬ステークス(GⅡ)攻略データ

阪神牝馬ステークス(GⅡ)の特徴としては、昨年の3連単44万馬券など、年々波乱傾向が強まってきているレースです。今年は27頭が登録しているが、重賞を勝っている馬はグランプリエンゼル、ジュエルオブナイルの2頭のみで、波乱の臭いがプンプンしますね。この2頭の他に注目している馬は、前走山城Sで圧勝のカレンチャン、現在2連勝中のスプリングカイザー辺りでしょうか。さて今年はどんな結果がまっているのでしょうか。それでは過去のデータから消し馬を探していきます。

①前走がダートの馬は(0-0-0-26)です。
【該当馬】
ウエスタンダンサーゴールドピアースレディルージュ

②前走非重賞戦で6着以下かつ0.8秒以上の敗退馬は(0-0-0-40)です。
【該当馬】
ウエスタンダンサーホーカーハリケーン

③前走斤量が52キロ以下で4着以下の馬は(0-0-0-32)です。
【該当馬】
ユキノハボタン

④前3走以内にG2以下で10着以下が2回以上の馬は(0-0-0-32)です。
【該当馬】
グランプリエンゼルコパノオーシャンズジュエルオブナイルデリキットピーストゥニーポート

⑤前2走とも1秒以上の敗退馬は(0-0-1-29)、この内斤量54キロ以上の馬は(0-0-0-28)です。※別定G2になったH6年以降のデータです。
【該当馬】
ウエスタンダンサーコパノオーシャンズプロヴィナージュ

⑥前走非重賞戦4着以下で斤量増の馬は(0-0-0-26)です。※別定G2になったH6年以降のデータです。
【該当馬】
アンシェルブルーギンザボナンザグランプリエンゼルプリンセスメモリーユキノハボタンレオパステル

⑦前3走内に条件戦で4着以下があり、芝3勝以下の馬は(0-0-0-25)です。※別定G2になったH6年以降のデータです。
【該当馬】
アイアムマリリンアグネスミヌエットアスカトップレディクリスティロマンスサングレアズールデリキッドピースレオパステル

⑧前走が条件戦で、前2走とも馬体重減の馬は(0-0-0-21)です。
【該当馬】
エーシンヴァーゴウ

⑨前3走ともG2以下1400m以上戦を使い、連対歴のなかった4勝以下の馬は(0-0-0-18)です。※別定G2になったH6年以降のデータです。
【該当馬】
ギンザボナンザデリキットピースプリンセスメモリープロヴィナージュ

⑩前走条件戦で5番人気以下かつ4着以下の馬は(0-0-0-17)です。
【該当馬】
アグネスミヌエットデリキットピースレオパステル

⑪前3走内に斤量55キロ以上で出走歴のない馬で、斤量が前走より2キロ以上増える馬は(0-0-0-16)です。。※別定G2になったH6年以降のデータです。
【該当馬】
アンシェルブルーギンザボナンザコパノオーシャンズサングレアズールジュエルオブナイルプリンセスメモリーレオパステル

⑫前3走とも1400m以下で、1400m戦1勝以下の馬は(0-0-0-15)です。※1400m以下に短縮されたH18年以降のデータです。
【該当馬】
アイアムマリリンウエスタンダンサーエーシンヴァーゴウカレンチャンクロワラモーユキノハボタンリーチコンセンサスレオパステルレディルージュ

⑬前3走内に条件戦で4着以下が2回以上ある馬は(0-0-0-14)です。。※別定G2になったH6年以降のデータです。
【該当馬】
デリキットピースホーカーハリケーンリーチコンセンサスレオパステル

⑭前3走とも条件戦の馬で前走敗退、勝っていても1馬身差未満で、阪神芝未勝利の馬は(0-0-0-14)です。
【該当馬】
アイアムマリリンエーシンヴァーゴウクリスティロマンスクロワラモーレオパステルレディルージュ

⑮前走条件戦で敗退し、斤量減のない54キロ以上の馬は(0-0-0-13)です。
【該当馬】
アイアムマリリンアグネスミヌエットアスカトップレディ< /span>、クリスティロマンスクロワラモーデリキットピースホーカーハリケーンリーチコンセンサスレオパステル

⑯阪神芝コース未勝利かつ1400m戦未勝利の馬は(0-0-0-9)です。
【該当馬】
アイアムマリリンエーシンヴァーゴウカレンチャンギンザボナンザグランプリエンゼルクリスティロマンスケイアイデイジージュエルオブナイルユキノハボタンレオパステルレディルージュ

Advertisement

今日の消し馬データをクリアしたのはサワヤカラスカル、スプリングサンダー、モルガナイトの3頭(全27頭中)です。他のデータも用いて最終予想をしていきたいと思います。

 

ブログランキングにご協力お願い致します。
人気ブログランキングへ