第45回函館2歳ステークス(GⅢ)攻略データ(3)

第45回函館2歳ステークス(GⅢ)攻略データ(3)

『うまぶろぐ』の訪問者数が20万人を突破しました

(⌒▽⌒)/゜・:*【ネ兄】*:・゜\(⌒▽⌒)

ちょうど1年前の函館記念2歳ステークスがあった日に10万人突破報告をしてました(笑)。ここ3週間は微妙な予想が続いていて申し訳ないですが、たくさんの人が来てくれていると思うと大変嬉しいです。今後も頑張ってブログ更新していきますので応援よろしくお願いします

函館2歳ステークス(GⅢ)の出馬表が発表されましたが、キャリア1戦馬が多数出走しますのでいつもと違った実績データをまとめてみました。

それでは函館2歳ステークス(GⅢ)の実績データをみてみましょう。まず各距離の最速タイムと上り最速タイムを比較してみます。

【距離適性(芝1000m最速タイム)】
ビービーブレイン 58.2(函館)
ファソン 58.9(函館)

【距離適性(芝1200m最速タイム)】
クリスマス 1.09.3(函館)
マイネルディアベル 1.09.7(福島)
オールパーパス 1.09.8(函館)
テルミドール 1.09.9(福島)
ヴァイサーリッター 1.10.4(函館)

【距離適性(芝1400m最速タイム)】
テルミドール 1.24.1(東京)
トーセンシルエット 1.24.2(東京)
マイネルディアベル 1.24.9(阪神)
ウインイルソーレ 1.24.9(東京)

【上り3FMAXタイム】
クリスマス 34.5
ファイトバック 34.6
ファソン 34.7
オールパーパス 34.7
ビービーブレイン 34.7

タイムでみるとクリスマス、オールパーパス、ファンソン、ビービーイレブンが良さげです。次に前走を評価したいと思いますが、まず前走負かした相手が次走で勝利しているかを調べてみました。

トーセンシルエット 3頭が次走で勝利
オールパーパス 2頭が次走で勝利
ファイトバック 1頭が次走で勝利

トーセンシルエットは前走10番人気での勝利でしたが、負かした相手が次走で勝っているのすから評価はできると思います。次に前走の着差タイムを調べてみました。

クリスマス (新馬 1.1秒)
プラチナティアラ (未勝利 0.8秒)
ビービーブレイン (新馬 0.5秒)
ファソン (未勝利 0.4秒)
マイネルディアベル (未勝利 0.2秒)
オールパーパス (新馬 0.2秒)
キタサンラブコール (新馬0.2秒)

Advertisement

レースレベルには疑問が残りますが、1.1秒差の大差で勝ったクリスマスは評価できます。脚質てきにも先行しそうなので今回も好走してくれそうです。

いつもとは違う実績データでしたが結果が以下の通りです。

クリスマス 15P (3項目該当)
オールパーパス 10P (4項目該当)
トーセンシルエット 9P (2項目該当)
ファソン 9P (3項目該当)
マイネルディアベル 8P (3項目該当)

攻略データ(1)~(3)をすべて満たしているのはマイネルディアベル、トーセンシルエット、ファソン、オールパーパス、ファイトバック、クリスマスの6頭です。今週からBコースに変更されますので、前残りには注意が必要なのかなと考えております。