第45回函館2歳ステークス(GⅢ)攻略データ(2)

第45回函館2歳ステークス(GⅢ)攻略データ(2)

函館2歳ステークス(GⅢ)は6枠より外が(6-6-5-36)とやや外枠が有利のようです。脚質では逃げ馬が(0-0-0-9)と大不振で、先行馬が(6-5-4-19)と好走していますので、好位から抜け出せる馬が狙い目ですね。また、レース間隔は中3~8週が(7-4-6-40)とそれなりに休養をとっている馬が良さそうです。函館2歳ステークス(GⅢ)は『6枠より外』、『先行馬』、『中3~8週』が好走馬を探す3つのキーワードですね。それでは過去のデータから消し馬を探していきましょう。

①前走ダート戦に出走した馬は(0-0-0-26)です。
【該当馬】
ドラゴンスズランニシケンムートハッピースプリント

②前走芝1200m戦に出走し、逃げ切り勝ちをした馬で着差が2馬身以下だった馬は(0-0-0-20)です。
【該当馬】
キタサンラブコールテルミドール

③2回函館芝1200m(良)に出走し、1分10秒5以下だったキャリア1戦馬は(0-0-0-16)です。 ※5馬身以上の圧勝馬は除く
【該当馬】
マイネルフォルス

Advertisement

本日の消し馬データをクリアした馬は10頭(全16頭)でした。この10頭は攻略データ(1)もクリアしており、冒頭で述べた3つのキーワードも考慮するとトーセンシルエット、ファイトバックの2頭が良さげです。キャリア1戦馬が9頭も出走しますので、前走いかに強い競馬をしてきたかを確認する必要があります。また、前走負かした馬達のその後の結果にも注意したいと思います。