第36回フェアリーステークス(GⅢ)攻略データ(2)

第36回フェアリーステークス(GⅢ)攻略データ(2)

フェアリーステークス(GⅢ)は10番人気以下が(4-3-0-63)と人気薄の激走に注意が必要です。また、前走の距離別にみてみると前走1600m戦(9-5-6-72)と好走しており、レース間隔でみてみると中2週内の馬は(1-0-1-27)と不振傾向です。フェアリーステークス(GⅢ)は『10番人気以下』、『前走1600m戦』、『中2週内は不振』が好走馬を探す3つのキーワードですね。それでは過去のデータから消し馬を探していきましょう。

①前走OP特別戦または1勝クラス戦に出走し、1.0秒以上の差をつけられて敗退した馬は(0-0-0-15)です。
【該当馬】
ウィーンソナタカインドリーフルートフルデイズ

②今回距離延長馬は(0-2-2-41)と未勝利ですが、このうち前走4着以下だった馬は(0-0-0-21)です。
【該当馬】
ウィーンソナタカインドリーソーユーフォリアメイプルプレゼント

③今回距離延長馬は(0-2-2-41)と未勝利ですが、このうち前走4番人気以下だった馬は(0-0-0-27)です。
【該当馬】
ウィーンソナタニシノステラペコリーノロマーノメイプルプレゼント

④前走新馬戦出走馬は(2-2-2-20)ですが、このうち前走東京競馬場以外の出走馬は(0-0-0-12)です。
【該当馬】
ニシノステラポレンティア

⑤前走1.7秒以上の差をつけられて大敗した馬は(0-0-0-15)です。
【該当馬】
ウィーンソナタ

⑥前走4コーナー先頭馬は(0-0-0-9)です。
【該当馬】
スマイルカナニシノステラ

Advertisement

本日の消し馬データをクリアした馬は7頭(全16頭)です。半数近くの馬がクリアしましたが、この7頭のうち4頭が攻略データ(1)もクリアしており、さらに冒頭でのべた3つのキーワードも考慮するとウインドラブリーナ、シャインガーネット、ダイワクンナナの3頭が面白そうです。現時点での本命候補は変更せずシャインガーネットのままとしておきます。