第57回産経大阪杯(GⅡ)攻略データ(2)

第57回産経大阪杯(GⅡ)攻略データ(2)

産経大阪杯(GⅡ)は5枠より外枠が(9-7-7-51)と全体的に外よりが優位です。脚質でみてみると逃げ馬が(1-3-2-4)、先行馬が(5-3-2-26)と前目で走れる馬の方がやや良い成績を残していますね。また、レース間隔は中2週以下は(0-0-1-20)、半年以上が(0-0-0-4)と休養は短すぎても長すぎてもダメのようですね。産経大阪杯(GⅡ)は『5枠より外枠』、『逃げ・先行馬』、『中2週以下は不調』が好走馬を探す3つのキーワードですね。それでは過去のデータから消し馬を探していきましょう。

①7歳以上の馬は(0-0-0-21)です。 ※2006年以降のデータです。
【該当馬】
コパノジングースマートギアタガノエルシコテイエムアンコールマッハヴェロシティ

②前走G3戦に出走し、5番人気以下だった馬は(0-0-0-20)です。
【該当馬】
コパノジングーテイエムアンコールヒットザターゲットマッハヴェロシティ

③前走OP特別戦に出走し、2番人気以下だった馬は(0-0-0-19)です。
【該当馬】
スマートギアタガノエルシコ

④前3走内に芝G1戦5着内・G2戦連対・G3戦1着歴がなく、前走G3以下の芝戦(良・やや重)で、斤量58キロ未満で0.4秒以上の差をつけられて敗退した馬は(0-0-0-60)です。
【該当馬】
コパノジングースマートギアテイエムアンコールマッハヴェロシティ

⑤前2走内にG3以下戦に斤量57キロ以下で出走し、3番人気以下で1秒以上の差をつけられて敗退歴のある馬は(0-0-0-59)です。
【該当馬】
アスカクリチャン

⑥前2走とも1800m以上3000m未満のG3戦に出走し、ともに斤量57キロ以下で出走し1着のない馬は(0-0-0-37)です。
【該当馬】
タガノエルシコ

⑦前年10月以降の前2走とも日本の芝戦に斤量58キロ以下で出走し、ともに4着以下で0.6秒以上の差をつけられて敗退した、キャリア20戦以上の馬は(0-0-0-40)です。
【該当馬】
コパノジングーテイエムアンコールマッハヴェロシティローズキングダム

Advertisement

本日の消し馬データをクリアした馬は6頭(全14頭)でした。この6頭のうち4頭が攻略データ(1)もクリアしており、さらに冒頭で述べた3つのキーワードも考慮するとエイシンフラッシュ、オルフェーヴル、ショウナンマイティ、ダークシャドウの4頭が良さげです。ま~上位人気になる馬達ですね(笑)。