第61回阪神大賞典(GⅡ)攻略データ(2)

第61回阪神大賞典(GⅡ)攻略データ(2)

阪神大賞典(GⅡ)は先行馬が(8-7-3-15)と阪神競馬場3000mの特徴がそのまま結果につながっています。人気別にみてみると1番人気が(3-4-2-1)、2番人気が(2-2-1-5)、3番人気が(2-0-2-6)と上位人気の信頼度は高いですね。また、前走重賞戦に出走していた馬が(10-8-9-57)と圧倒的な成績を残しています。阪神大賞典(GⅡ)は『先行馬』、『1~3番人気』、『前走重賞』が好走馬を探す3つのキーワードですね。それでは過去のデータから消し馬を探していきましょう。

①前走10番人気以下だった馬は(0-0-0-25)です。
【該当馬】
コスモヘレノスピエナファンタストモンテクリスエス

②前走2000m以上戦に出走し、斤量57キロ以下6着以下で、0.6秒以上の差をつけられて敗退した馬は(0-0-0-33)です。
【該当馬】
コスモヘレノスフォゲッタブルマカニビスティーモンテクリスエス

③前2走とも非重賞戦に出走し未勝利、または前走1000万下戦に出走し敗退、勝っても1馬身未満以下だった馬は(0-0-0-27)です。
【該当馬】
ピエナファンタスト

Advertisement

本日の消し馬データをクリアした馬は4頭(全9頭)です。この4頭は攻略データ(1)もクリアしており、さらに冒頭で述べた3つのキーワードも考慮するとゴールドシップ、ベールドインパクトの2頭が良さげです。今年は目立った逃げ・先行馬がいませんので超スローペースになるかもしれませんね。ってかどの馬がハナをきるんだろう・・・(笑)。