第53回スプリンターズステークス(GⅠ)攻略データ(1)

第53回スプリンターズステークス(GⅠ)攻略データ(1)

スプリンターズステークス(GⅠ)は中山競馬場・芝・右・外1200mで行われます。このコースは外回りの向う正面に入った坂の頂上部からスタートし、最初のコーナーまでの距離は275mあります。3コーナーのカーブが緩く、ゴール前坂下までおよそ4.5mを一気に下っていきます。最後の直線はローカル場並の310mと短く、最後に中山名物の急坂が待っています。最後の直線が短いため基本は先行有利ですが、オーバーペースで先行した馬は急坂で脚がとまり、差し馬の餌食となります。それでは過去10年で3着以内に好走した全30頭中29頭が該当するデータを元に好走しそうな馬を探していきます。

①同年に芝1200m以下の古馬混合重賞で2勝以上
18年 1番人気1着ファインニードル(セントウルS 1着/高松宮記念 1着ほか)
13年 2番人気2着ハクサンムーン(セントウルS 1着/アイビスSD 1着)
11年 3番人気1着カレンチャン(キーンランドC 1着/函館スプリントS 1着)
11年 7番人気3着エーシンヴァーゴウ(セントウルS 1着/アイビスSD 1着)
10年 3番人気2着キンシャサノキセキ(オーシャンS 1着/高松宮記念 1着)

【該当馬】
ダノンスマッシュ

②同年に古馬混合OPクラスの芝1000m以上で1着、かつ過去1年以内に芝1200~1600mの古馬混合G1で0.5秒差以内
17年 1番人気1着レッドファルクス(京王杯SC 1着/17年安田記念 3着 ※0.1秒差ほか)
17年 5番人気2着レッツゴードンキ(京都牝馬S 1着/17年高松宮記念 2着 ※0.2秒差)
16年 2番人気2着ミッキーアイル(阪急杯 1着/高松宮記念 2着 ※0.1秒差ほか)
15年 1番人気1着ストレイトガール(ヴィクトリアマイル 1着/14年スプリンターズS 2着 ※0.1秒差)
14年 2番人気2着ストレイトガール(シルクロードS 1着/ヴィクトリアマイル 3着 ※0.1秒差)
13年 1番人気1着ロードカナロア(安田記念 1着ほか/高松宮記念 1着ほか)
12年 2番人気1着ロードカナロア(シルクロードS 1着/高松宮記念 3着 ※0.1秒差)
12年 1番人気2着カレンチャン(高松宮記念 1着/11年スプリンターズS 1着)
10年 10番人気1着ウルトラファンタジー(スプリントC 1着/チェアマンズSP 4着 ※0.3秒差)
09年 6番人気1着ローレルゲレイロ(高松宮記念 1着/08年マイルCS 5着 ※0.4秒差)
09年 2番人気2着ビービーガルダン(キーンランドC 1着/08年スプリンターズS 3着)
09年 8番人気3着カノヤザクラ(アイビスSD 1着/08年スプリンターズS 7着 ※0.4秒差)

【該当馬】
ダイメイプリンセスダノンスマッシュ

③過去1年以内に芝1000~1600mのG1で連対
14年 13番人気1着スノードラゴン(高松宮記念 2着)

【該当馬】
グランアレグリアステルヴィオセイウンコウセイミスターメロディラブカンプー

④同年に芝1200mの重賞で3着内、もしくはG1で5着内
18年 11番人気2着ラブカンプー(セントウルS 2着ほか)
16年 3番人気1着レッドファルクス(CBC賞 1着)
16年 9番人気3着ソルヴェイグ(函館スプリントS 1着)
15年 11番人気2着サクラゴスペル(オーシャンS 1着)
15年 9番人気3着ウキヨノカゼ(キーンランドC 1着)
14年 5番人気3着レッドオーヴァル(キーンランドC 2着)
12年 9番人気3着ドリームバレンチノ(函館スプリントS 1着)
11年 9番人気3着パドトロワ(キーンランドC 3着)
10年 7番人気3着サンカルロ(高松宮記念 4着)

【該当馬】
アレスバローズイベリスセイウンコウセイダイメイプリンセスダノンスマッシュタワーオブロンドンディアンドルファンタジストミスターメロディモズスーパーフレアリナーテ

⑤連勝中で前走OPクラスの芝1200~1400mで1着
17年 7番人気3着ワンスインナムーン(朱鷺S 1着)

【該当馬】
該当馬なし

⑥同年にOPクラスの芝1200mで1着
18年 13番人気3着ラインスピリット(淀短距離S 1着)

【該当馬】
ダイメイプリンセスダノンスマッシュタワーオブロンドンディアンドルミスターメロディモズスーパーフレアリナーテ

Advertisement

本日の3着内に好走しそうなデータをクリアした馬は14頭(全19頭)です。多くの馬が該当しましたが、この中でもダノンスマッシュ、ダイメイプリンセス、ミスターメロディあたりに注目してこうと思います。とりあえず現時点での本命候補ですが、昨年の夏以降短距離戦で力を発揮し始め、今年の高松宮記念も4着と健闘したダノンスマッシュとしておきます。