第63回ダイヤモンドステークス(GⅢ)攻略データ(2)

第63回ダイヤモンドステークス(GⅢ)攻略データ(2)

ダイヤモンドステークス(GⅢ)は差し馬が(7-5-3-36)と好走しており、前走2400mが(2-4-5-25)、2500mが(2-4-1-13)、3000mが(4-1-1-24)と前走もそれなりの距離を走っていないと厳しいようですね。また、レース間隔でみてみると中4~8週の馬が(7-4-3-46)と好成績を残しています。ダイヤモンドステークス(GⅢ)は『差し馬』、『前走2400~3000m』、『中4~8週』が好走馬を探す3つのキーワードですね。それでは過去のデータから消し馬を探していきましょう。

①前走0.3秒以上の差をつけられて敗退した7歳以上の馬は(0-0-0-30)です。
【該当馬】
イケドラゴンケイアイドウソジンネコパンチフォゲッタブルモンテクリスエス

②前走重賞戦に出走し、10番人気以下だった馬は(0-0-0-20)です。
【該当馬】
マカニビスティー

③左回り芝戦に4回以上出走し未勝利の馬は(0-0-0-13)です。 ※左回りダート勝ち馬や前2走内にOP以上戦で4着内の好走馬は除く
【該当馬】
ネコパンチフォゲッタブルモンテクリスエス

④セン馬は(0-0-0-15)です。
【該当馬】
ノーステアファタモルガーナ

⑤前走中山競馬場で行われた重賞戦に出走した馬は(0-0-0-31)です。 ※G1は除く
【該当馬】
アドマイヤラクティケイアイドウソジンネコパンチファタモルガーナマカニビスティー

Advertisement

本日の消し馬データをクリアしたのは7頭(全16頭)です。この7頭のうち6頭は攻略データ(1)もクリアしており、さらに冒頭で述べた3つのキーワードも考慮すると◎サクセスパシュート、〇エーシンジーラインといったところでしょうか。ハナをきりたそうな馬が4~5頭いるのでデータ通り前がつぶれて差し馬が好走しそうな感じがします。ただ長距離なので何が起こるか分からないですけどね(笑)。