第7回阪神カップ(GⅡ)攻略データ(1)

第7回阪神カップ(GⅡ)攻略データ(1)

阪神カップ(GⅡ)は7枠が(2-3-2-10)、8枠が(1-2-1-14)と外枠の馬が好成績を残しており、脚質では差し馬が(5-4-3-34)と活躍しています。また前走10着以下の馬が(2-4-3-40)と巻き返しにも注意が必要です。阪神カップ(GⅡ)はかなり荒れるレースでもあるので近走成績だけで判断するのはダメですね。阪神カップ(GⅡ)は『7~8枠』、『差し馬』、『前走10着以下』が好走馬を探す3つのキーワードですね。それでは過去のデータから消し馬を探していきましょう。

①連闘・中1週の馬は(0-0-0-5)です。
【該当馬】
オセアニアボス

②前4走とも1400m以下戦に出走し、前走良・やや重戦で敗退した馬は(0-0-0-25)です。
【該当馬】
スプリングサンダーテイエムオオタカマジンプロスパー

③前2走ともG3以下戦に出走し、6着以下だった馬は(0-0-0-14)です。
【該当馬】
オセアニアボス

④前2走とも6着以下かつ0.8秒以上の差をつけられて敗退した馬は(0-0-0-8)です。 ※前4走内にG2以上で連対している馬は除く
【該当馬】
オセアニアボスフラガラッハ

⑤1200m・1400m戦経験馬で未勝利の馬は(0-0-0-7)です。
【該当馬】
オリービン

⑥前2走とも10着以下の6歳以上馬は(0-0-0-6)です。
【該当馬】
オセアニアボスフィフスペトル

Advertisement

本日の消し馬データをクリアした馬は11頭(全18頭)です。データ的で絞るのは難しいレースですが、この11頭で冒頭に述べた3つのキーワドも考慮するとガルボ、ファイナルフォーム、マルセリーナの3頭が良さそうですね。